2013年8月23日金曜日

角と「メ」信仰(6)


 創世紀―牛角と祝祭・その民族系譜―

 著述者:歴史学講座「創世」 小嶋 秋彦

 執筆時期:1999~2000年

 牛角と祝祭・その民族系譜:156頁

 第二章 角と「メ」信仰(6)

 この遺跡の紀元前四千年紀の神殿から

 「眼の偶像」と呼ばれる石に彫られたか焼成粘土で作られた

 高さ二から十一センチメートルの奇妙な像が

 三百体も数千個の破片とともに発見された。

 この神殿跡にはこのような偶像が

 二万個は埋まっていると推測されている。

 同様の像は同時期の遺跡、例えば

 シンジャール山脈のグライ・レシュ遺跡などからも発見されており、

 奉納のためのシンボルと考えられている。

 エリドゥ神殿の丁字形粘土焼成品と同じ役目である。

 偶像の形象は「二つの眼」と思われる造形が強調され、

 人間の上半身から腕や手・頭の部分は元より鼻や口耳などを除いた、

 時には台の上にドーナツ状の輪を二つ造形しただけの像さえある。

 神殿の内部には十字形の中央広間が組み込まれていた。

 ARPACHIYAH1976



 『参考』

 Tell Arpachiyah (Iraq).

 まんどぅーかネット

 シュメル絵文字 

  シュメル語・日本語

 《Key Word》

 眼の偶像

 シンジャール山脈

 グライ・レシュ遺跡
コメントを投稿