2013年8月3日土曜日

埋葬儀礼と牛頭(2)


 創世紀―牛角と祝祭・その民族系譜―

 著述者:歴史学講座「創世」 小嶋 秋彦

 執筆時期:1999~2000年

 牛角と祝祭・その民族系譜:104頁

 第二章 埋葬儀礼と牛頭(2)

 ケルメズ・テレ遺跡の埋葬住居のなかには

 人間の頭骨だけで動物の頭骨はなかった。

 ムレイビト遺跡では、ケルメズ・テレのような

 埋葬儀礼に新しい想念が添加されて

 動物の頭骨が壁に掛けられるようになったと解釈できるだろう。

 ザウィ・チェミ遺跡の時代から

 その永いメソポタミアの永い古代史の中で人間の頭骨が

 壁に揚げられていたとの報告は聞かない。

 ただし、タウロス山脈の北方にある

 チャタル・フユク遺跡では部屋の中の祭壇上に

 四つの頭骨が並べられていた例はある。

 埋葬住居の床面か床下に埋葬されているのが普通である。

 ムレイビト遺跡の場合、どのような理由によって

 動物の頭骨を壁に掲げるようになったのか

 まだ過分の推測は許されないだろう。

 『参考』

 まんどぅーかネット

 《Key Word》

 チャタル・フユク遺跡
コメントを投稿