2013年8月26日月曜日

「創世記」カインの本実(4)


 創世紀―牛角と祝祭・その民族系譜―

 著述者:歴史学講座「創世」 小嶋 秋彦

 執筆時期:1999~2000年

 牛角と祝祭・その民族系譜:166頁

 第三章 「創世記」カインの本実(4)

  カナン Canaan は地方名として知られる。

 その地域範囲については諸説あるが、

 北はシリアのオロンテス川河口地帯から

 地中海東岸を南下してパレスチナ地方までとみられる。

 ウガリットはその北部の文化的経済的中心であった。

 ここはユダヤ人の地ではなく、

 カナン人の代表ともいうべきウガリット人の祖地で商人的性格が強い。

 この第九章にいうカナンは

 商人であるウガリット人の名代と考えてよいであろう。

 ARPACHIYAH1976



 『参考』

 Tell Arpachiyah (Iraq).

 まんどぅーかネット

 シュメル絵文字 

  シュメル語・日本語

 《Key Word》

 オロンテス川

 パレスチナ地方

 ウガリット
コメントを投稿