2013年8月20日火曜日

カルト人と南メソポタミア(2)


 創世紀―牛角と祝祭・その民族系譜―

 著述者:歴史学講座「創世」 小嶋 秋彦

 執筆時期:1999~2000年

 牛角と祝祭・その民族系譜:149頁

 第二章 カルト人と南メソポタミア(2)

 紀元前九世紀になると、南メソポタミアのペルシャ湾沿岸に

 カルディア(Chaladae)人と呼ばれる有力な部族が現われる。

 彼等は西セム系の民族といわれ、

 紀元前十一世紀ころから現在のシリア方面から
 
 アラム人と前後して南下してきた部族とされている。

 その民族名について、

 故地から持ち込んだ呼称との推察もできるが、

 彼等が占拠した地域名に依るものであったとも考えられる。

 西セム系であるアラム人の一派との見方もあるが、

 文書に表れた両者の関係は明確に区別されている場合が多い。

 ARPACHIYAH1976



 『参考』

 Tell Arpachiyah (Iraq).

 まんどぅーかネット

  シュメル語・日本語

 《Key Word》

 カルディア(Chaladae)人

 アラム人
コメントを投稿