2013年7月29日月曜日

メソポタミアの開明期と彩文土器(6)


 創世紀―牛角と祝祭・その民族系譜―

 著述者:歴史学講座「創世」 小嶋 秋彦

 執筆時期:1999~2000年

 牛角と祝祭・その民族系譜:90頁

 第二章 メソポタミアの開明期と彩文土器(6)

  西アジアの土器は彩文土器が多いことに特徴があり、

 メソポタミアではハッスーナ期から刻線文などの幾何学紋が

 頻繁に使われた。

 サマッラ文化以降には

 動物や植物の意匠をほどこしたものが増大したほか、

 物語を意匠として展開させた平皿などもみられるようになった。

 サマッラ土器に卍字紋がたくさん用いられている点は見逃せない。

 卍字紋とは、マルタ十字紋様、鉤十字紋を幾何学図形・動物意匠、

 時には植物とみられる意匠で紋様化したもので、

 宗教的表現と判断できるものもある。

 古代ギリシャでいうブクラニオン、

 牡牛の頭を正面からみた形も角を長く強調して描かれている。

 動物の中ににはレイヨウが抽象化された形で多く描かれている。

 『参考』

 まんどぅーかネット

 《Key Word》

 彩文土器

 メソポタミア

 ハッスーナ期

 サマッラ文化

 卍字紋

 マルタ十字紋

 鉤十字紋

 ブクラニオン

 牡牛の頭

 レイヨウ
コメントを投稿