2013年7月24日水曜日

左儀杖・左義長・三九郎・どんど焼(3)


 創世紀―牛角と祝祭・その民族系譜―

 著述者:歴史学講座「創世」 小嶋 秋彦

 執筆時期:1999~2000年

 牛角と祝祭・その民族系譜:69頁

 第一章 左儀杖・左義長・三九郎・どんど焼 (3)

  南インドでは、マカラ・サンクランティの日

 ポンガル Pongal という収穫祭が行われる。

 その主旨内容はホーリー祭に似ている。

 インド亜大陸の南端タミル・ナードゥ州がその中心であるが、

 スリランカのタミル人の間でも行われる。

 先に紹介したジャフナ市はその北端の 都市で

 タミル・ナードゥ州と海峡を隔てて向かい合っている。

 牛小屋を焼いたのも

 実は一月十四日ポンガルの日のことであった。
 
 タミルと日本語との関係はもちろん、

 ポンガルと日本の民間風習との関連についても

 『日本語以前』に詳しいが、

 これら伝統的慣習の日本との対比はタミルに限られない。

 地域限定をはずしても貴重な報告である。

  『参考』

 まんどぅーかネット

 《Key Word》

 マカラ・サンクランティ

 ポンガル

 タミル・ナードゥ州

 タミル人

 ジャフナ市

 日本語以前

 タミル語
 
コメントを投稿