2013年12月28日土曜日

六派哲学と五明学(2) 


 『Yahoo!天気・災害』

 Matのジオログ

 創世紀―牛角と祝祭・その民族系譜―

 著述者:歴史学講座「創世」 小嶋 秋彦

 執筆時期:1999~2000年

 旧約聖書「創世記」:牛角と祝祭・その民族系譜:442頁

 第八章 インド文化と祝祭 

 「六派哲学と五明学」(2) 

  このような情勢の中、紀元前350年から紀元前300年にかけて、

 ヴェーダ文献の研究が盛んとなり、学派が続々と打ち立てられ、

 その中の重要なものが六派だったため六派哲学と呼ばれるが、

 ヴェーダ文献の哲学的解釈がその主題であった。

 六派とは、

 ミーマーンサー、

 ヴェーダンタ、

 ヴァイシェーンカ、

 ニャーヤ、

 サーンキャ、

 ヨーガの各派であるが、

 その主張をここで説明することは差し控えたい。

  この時代ヴェーダ学の他に理科学的学問も進歩し、

 それを五明学とという。

  声明学:言語学、文法学、音韻学

  因明学:論理学

  内明学:哲学

  巧明学:数学、天文暦学、測量学、機械工学

  医方明学:医学、薬学

 ARPACHIYAH 1976:高床式神殿、牛頭、空白の布幕、マルタ十字紋等
 (アルパチア遺跡出土の碗形土器に描かれている) 

  
 牛頭を象った神社建築の棟飾部


 『参考』
 Tell Arpachiyah (Iraq) 
 Tell Arpachiyah (Iraq)     
 
 ハラフ期の土器について

 アルパチア遺跡出土の碗形土器

 ハブール川
 ハブール川(ハブル川、カブル川、Khabur、Habor
、Habur、Chabur、アラム語:ܚܒܘܪ, クルド語:Çemê Xabûr, アラビア語:نهر الخابور Bahr al-Chabur

 ARPACHIYAH 1976

 高床式神殿

 牛頭を象った神社建築の棟飾部

 神社のルーツ

 鳥居のルーツ 
コメントを投稿