2013年12月26日木曜日

インドの祝祭(4)


 『Yahoo!天気・災害』

 創世紀―牛角と祝祭・その民族系譜―

 著述者:歴史学講座「創世」 小嶋 秋彦

 執筆時期:1999~2000年

 旧約聖書「創世記」:牛角と祝祭・その民族系譜:436頁

 第八章 インド文化と祝祭 

 「インドの祝祭」(4)

  このような祭式を行う聖職者たちを総称して

 ブラーフマン brahman といい、 brahmana (僧族) という

 社会構造上の階級を形成している。

 彼等を尊重し、彼等の信奉する神々を崇拝する宗教を一般に

 バラモン brahmaņa 教というのである。 

  聖書に記された初期の王名の中には、

 これら祝祭に係わる名称からつけられたものが多い。

 sumitra 、sumati 、sunaya 、sunetra 、sunitha 、sunika 、sumāiya

 がその例である。

 そこにシュメル語の śum(供犠する)が隠されていることを確認できる。

 ARPACHIYAH 1976:高床式神殿、牛頭、空白の布幕、マルタ十字紋等
 (アルパチア遺跡出土の碗形土器に描かれている)
 
  
 牛頭を象った神社建築の棟飾部


 『参考』
 Tell Arpachiyah (Iraq) 
 Tell Arpachiyah (Iraq)     
 
 ハラフ期の土器について

 アルパチア遺跡出土の碗形土器

 ハブール川
 ハブール川(ハブル川、カブル川、Khabur、Habor
、Habur、Chabur、アラム語:ܚܒܘܪ, クルド語:Çemê Xabûr, アラビア語:نهر الخابور Bahr al-Chabur

 ARPACHIYAH 1976

 高床式神殿

 牛頭を象った神社建築の棟飾部

 神社のルーツ

 鳥居のルーツ
コメントを投稿