2013年12月5日木曜日

イスラエルと月氏(2)メディアから安定へ-7

 
 『Yahoo!天気・災害』

 創世紀―牛角と祝祭・その民族系譜―

 著述者:歴史学講座「創世」 小嶋 秋彦

 執筆時期:1999~2000年

 旧約聖書「創世記」:牛角と祝祭・その民族系譜:345頁

 堯帝により和氏の一部が移転させられた理由により

 そこの住民を和氏と称したのである。

 第九章中国の祝祭と皇帝で述べる

 和氏が米作りと養蚕業に優れていたとすると、

 月氏は彼等より絹についての知識・情報を得たのである。

 月氏が絹商人へと変化していくきっかけである。

 敦煌の北方、新彊区内に哈蜜市がある。

 この町は和氏が建てた町と考えられる。

 雲南省の少数民族に哈尼(はに)族がいる。

 彼等は古くは

 「和夷(ほい)」「和蜜(ほまん)」「和泥(ほに)」などとも呼ばれ、

 史記に載る和氏の一族と考えられる。

 哈尼族ばかりでないが、雲南の民族は紡織・織布に優れ、

 色彩豊かで個性的な織物は歌垣(かがい)という祭礼で

 人々が着る衣裳のすばらしさでよく知られている。

 手工業は農閑期の母親に手ほどきを受けて伝統の継承者となる。

 彼等の祖先はもっと北方の四川省方面にいた人々と考えられている。

 四川省は蚕(蜀)で古来栄えた地方である。 

 ARPACHIYAH 1976:高床式神殿
 (アルパチア遺跡出土の碗形土器に描かれている) 

  
 牛頭を象った神社建築の棟飾部


 『参考』

 Tell Arpachiyah (Iraq)    
 
 ハラフ期の土器について

 アルパチア遺跡出土の碗形土器

 ハブール川
 ハブール川(ハブル川、カブル川、Khabur、Habor
、Habur、Chabur、アラム語:ܚܒܘܪ, クルド語:Çemê Xabûr, アラビア語:نهر الخابور Bahr al-Chabur

 ARPACHIYAH 1976

 高床式神殿

 牛頭を象った神社建築の棟飾部

 神社のルーツ

 鳥居のルーツ 
コメントを投稿