2013年12月17日火曜日

アーリア人の侵入(1)


 『Yahoo!天気・災害』

 創世紀―牛角と祝祭・その民族系譜―

 著述者:歴史学講座「創世」 小嶋 秋彦

 執筆時期:1999~2000年

 旧約聖書「創世記」:牛角と祝祭・その民族系譜:417頁
 
 第八章 インド文化と祝祭 

 「アーリア人の侵入」(1)

  アーリア人のインドへの進出は紀元前1600年頃に始まり、

 紀元前1500年頃には西北インドへの進出が盛んになり

 定住が始まったとされる。

 しかし、実際アーリア人という人種は

 存在しないというのが最近の考え方である。

 中村元も

 「 Aryan というのは語学的・文化的な呼称であり、

  人類学てきではない。」 と述べ、

 カルカッタ大学のブルース・ハンナも1919年という時期に早くも

 「アーリア人いうような集団は存在しない。

  アーリアが実在するだけで、

  アーリアは形容詞に過ぎない」と

 "Culture and Kulture-Origins " の中で述べている。

 その原郷を地中海沿岸にしたり、

 エラム Elām としている点は疑問とされるが、

 アーリア人種というものは存在しないと指摘した点は納得させられる。

 《Key Word》
 
 アーリア人

 中村元

 Aryan

 Culture and Kulture-Origins

 ARPACHIYAH 1976:高床式神殿
 (アルパチア遺跡出土の碗形土器に描かれている) 

  
 牛頭を象った神社建築の棟飾部


 『参考』
 Tell Arpachiyah (Iraq) 
 Tell Arpachiyah (Iraq)     
 
 ハラフ期の土器について

 アルパチア遺跡出土の碗形土器

 ハブール川
 ハブール川(ハブル川、カブル川、Khabur、Habor
、Habur、Chabur、アラム語:ܚܒܘܪ, クルド語:Çemê Xabûr, アラビア語:نهر الخابور Bahr al-Chabur

 ARPACHIYAH 1976

 高床式神殿

 牛頭を象った神社建築の棟飾部

 神社のルーツ

 鳥居のルーツ
コメントを投稿