2013年12月24日火曜日

アヴァンティの種族(3)


 『Yahoo!天気・災害』

 創世紀―牛角と祝祭・その民族系譜―

 著述者:歴史学講座「創世」 小嶋 秋彦

 執筆時期:1999~2000年

 旧約聖書「創世記」:牛角と祝祭・その民族系譜:430頁

 第八章 インド文化と祝祭 

 「アヴァンティの種族」(3)

 このように王権は絶対的でなく、

 人民集会( Samiti )や連合集会( Sabhā )が行われていた。

 人民集会とは庶民の家長集会、連合集会は同業者組合の集会である。

 その一つが海洋交易商人( Vanika )の連合であった。

 このような集会の伝統は、マルワ地方にずっと続き、

 イギリス植民地からの独立運動を興したマラータ同盟は

 この地方から始まった。

 自由と自立の思想はスワ思想で(長野県の諏訪もこの語とは同根)

 独立運動のスワラジ、スワデシなどの象徴であった。

 また、集会の伝統は「インド国民会議派」として、

 その政党名にも現在生きている。

 部族共和制はまた Sabi といわれ、

 この仕組みはアジアの歴史に多大な影響を与えた。

 その歴史的評価をしなおさなければならない。

 ARPACHIYAH 1976:高床式神殿、牛頭、空白の布幕、マルタ十字紋等
 (アルパチア遺跡出土の碗形土器に描かれている) 

  
 牛頭を象った神社建築の棟飾部


 『参考』
 Tell Arpachiyah (Iraq) 
 Tell Arpachiyah (Iraq)     
 
 ハラフ期の土器について

 アルパチア遺跡出土の碗形土器

 ハブール川
 ハブール川(ハブル川、カブル川、Khabur、Habor
、Habur、Chabur、アラム語:ܚܒܘܪ, クルド語:Çemê Xabûr, アラビア語:نهر الخابور Bahr al-Chabur

 ARPACHIYAH 1976

 高床式神殿

 牛頭を象った神社建築の棟飾部

 神社のルーツ

 鳥居のルーツ 
コメントを投稿