2013年9月21日土曜日

カルト(スバル)人の地中海進出(8)イベリア半島-4


 『Yahoo!天気・災害』

 創世紀―牛角と祝祭・その民族系譜―

 著述者:歴史学講座「創世」 小嶋 秋彦

 執筆時期:1999~2000年

 牛角と祝祭・その民族系譜:222頁

 第三章 カルト(スバル)人の地中海進出(8)イベリア半島-4

  グルジアのイベリア半島でもスペインの中央から東方の地方は

 古くにはセルティベリアと呼ばれ、

 そこに住む人々をセルティベロ族 Celthbero と称したが、

 この民族名について一般的にイベリア人とケルト人が混血して

 形成された民族であるというのが定説である。

 その学説によると紀元前九〇〇年頃から六〇〇年頃にかけて

 インド・ヨーロッパ語族が波状的に

 ピレネー山脈を越えて侵入して来たが、

 その中でもケルト人の侵入が顕著で、

 往古からの居住者イベリア人との混血が進み、

 その結果ケルトイベリ族 Celtbero が形成されたという。

 ARPACHIYAH 1976:高床式神殿

 牛頭を象った神社建築の棟飾部



 『参考』

 Tell Arpachiyah (Ir aq).

 まんどぅーかネット

 シュメル絵文字 

 シュメル語・日本語

 《Key Word》
コメントを投稿