2013年9月19日木曜日

カルト(スバル)人の地中海進出(7)ベルベル人-4


 『Yahoo!天気・災害』

 創世紀―牛角と祝祭・その民族系譜―

 著述者:歴史学講座「創世」 小嶋 秋彦

 執筆時期:1999~2000年

 牛角と祝祭・その民族系譜:218頁

 第三章 カルト(スバル)人の地中海進出(7)ベルベル人-4

  ギリシャの繁栄時代、クレタ島の南方対岸の

 キレネ、アポロニアがある地方は穀物などの食料産地で

 ギリシャへの供給地であった。

 北アフリカは豊穣の血であったのである。

  イベリア半島へ紀元前三千年頃

 農耕技術と家畜飼育の技術を導入したのは

 アフリカの民族であるとの

 ビセンス・ビーベスの見解があるが、

 その担い手はベルベル人の仲間しかないであろう。

 なぜならば金属鋳造の技術も伝播されたと述べているからである。

 紀元前三千年頃のアフリカの民族は金属鋳造、

 つまり鋳造銅の技術を知っていたことになる。

 スペイン語の中にはアフリカ北部地方を

 古くは Berberia と名づけていたとの名残がある。

 ARPACHIYAH 1976:高床式神殿


 牛頭を象った神社建築の棟飾部



 『参考』

 Tell Arpachiyah (Ir aq).

 まんどぅーかネット

 シュメル絵文字 

 シュメル語・日本語

 《Key Word》

 ビセンス・ビーベス

 Berberia

 ベルベル人
コメントを投稿