2013年9月11日水曜日

カルト(スバル)人の地中海進出(4)クノッソス-2


 『Yahoo!天気・災害』

 創世紀―牛角と祝祭・その民族系譜―

 著述者:歴史学講座「創世」 小嶋 秋彦

 執筆時期:1999~2000年

 牛角と祝祭・その民族系譜:200頁

 第三章 カルト(スバル)人の地中海進出(4)クノッソス-2

  ko-(l/r)no-so はギリシャ語の kopvjtis 棍棒を持ち歩く人が直接に結びつき、

 王位にある者の表徴となる。

 クノッソス宮殿には双斧の間があり、

 「双斧」が王位のシンボルであることが知られるが、

 その形象は明らかに「奉献の角」で、二又の矛と同義である。

 ギリシャ語の「角」は kepas 、kepatos で Konoso の

 直接に転訛した結果かもしれない。

 古代にヘラクレオンと呼ばれた

 「ケルト川」河口に近い町は現在 Canda と呼ばれる。

 また、バローチー語で角を kant という例がある。

  Ko-l®-no-so が礎になりラテン語の cornu が誕れ、

 ローマ帝国の影響で

 フランス語、スペイン語、英語へと波及したと考えられる。

 クレタ島とローマの祖地、ラテン語の母体であった

 ラチウムとは深い関係にある。

  クレタ島に住み付き「牛頭崇拝」を根付かせた人々とは

 「ケルト人」であったことは今や明らかである。

 しかし、彼等はどこから来たのだろうか。

 ARPACHIYAH 1976:高床式建物・神殿



 牛頭を象った神社建築の棟飾部





 『参考』

 Tell Arpachiyah (Ir aq).

 まんどぅーかネット

 シュメル絵文字 

  シュメル語・日本語

 《Key Word》
コメントを投稿