2013年9月29日日曜日

ウラルトゥ-1


 『Yahoo!天気・災害』

 創世紀―牛角と祝祭・その民族系譜―

 著述者:歴史学講座「創世」 小嶋 秋彦

 執筆時期:1999~2000年

 牛角と祝祭・その民族系譜:238頁

 第四章 ウラルトゥ-1

  ウラルトゥの建国の時期は紀元前九世紀頃といわれる。

 その支配的民族はハルディアとは、カルディア人として知られている。

 ハルディア人とは、カルディア Khardia 人である。

 紀元前四世紀のギリシャの歴史家クセノフオンが

 「アナバシス」の中でアルメニアとアッシリアの間の山岳地帯に住む

 カルディア (Kardachoi) 人に触れているが、この人々であろう。

 クセノフオンはソクラテスの弟子で、

 紀元前四〇〇年頃ギリシャ軍に兵士として加わり、

 小アジアからメソポタミアのバビロン、アッシリア、アルメニア、

 黒海沿岸まで遠征した記録である。

 彼はさらにアルメニアに居住する

 カルダイオイ Chaldaioi 人と呼ばれる人々についても触れている。

 この部族とバビロニアのカルディア人とが

 同族であるとの主張をする見解はすでに現われている。
 

 ARPACHIYAH 1976:高床式神殿

 牛頭を象った神社建築の棟飾部



『参考』

 Tell Arpachiyah (Ir aq).

 まんどぅーかネット

 シュメル絵文字 

 シュメル語・日本語

 《Key Word》

 カルディア人

 クセノフオン

 アナバシス
コメントを投稿