2013年9月3日火曜日

カルト(スバル)人の地中海進出(2)フィリステル-1


 創世紀―牛角と祝祭・その民族系譜―

 著述者:歴史学講座「創世」 小嶋 秋彦

 執筆時期:1999~2000年

 牛角と祝祭・その民族系譜:182頁

 第三章 カルト(スバル)人の地中海進出(2)フィリステル-1

  『旧約聖書』ゼパニヤ書第二章もケレテが登場する。


  ともあれ、ガザは捨てられ、

  アシュケロンは荒れはて、

  アンドドは真昼に追い払われ、

  エクロンは抜き去られる。

  わざわいなるかな、

  海べに住む者、ケレテの国民。

  ペリンテだとの地、カナンよ、

  主の言葉があなたがたに臨む。


  前後の地名から判断すると、

 聖書においてペリンテといわれるギリシャ名フィリステルは

 現在のパレスティナであるが、

 この海岸地帯に住む人々を「ケレテの国民」といっている。

 カナンは「ペリシテびとの土地」であり、

 「ペリシテびと」は「ケレテの国民」であるとの内容になる。



 ARPACHIYAH 1976

 『参考』
 
 Tell Arpachiyah (Iraq).

 まんどぅーかネット

 シュメル絵文字 

  シュメル語・日本語

 《Key Word》

 中東の民族の一覧

 『旧約聖書』ゼパニヤ書第二章

 カナン

 ケレテの国民

 ダビデ
コメントを投稿