2013年9月3日火曜日

カルト(スバル)人の地中海進出(2)フィリステル-2


 創世紀―牛角と祝祭・その民族系譜―

 著述者:歴史学講座「創世」 小嶋 秋彦

 執筆時期:1999~2000年

 牛角と祝祭・その民族系譜:183頁

 第三章 カルト(スバル)人の地中海進出(2)フィリステル-2

  また、サムエル書下の第八章には

 「エホヤダの子ベナヤはケレテびととぺレテびととの長、

  ダビデの子たちは祭司であった(一八)」

 との節句がる。

 この「ケレテびととぺレテびと」を

 ヘブライ語で Cherethites・Pelethites とも、

 ドイツ語聖書では Krethi・Prethi と表記されている。

 彼等はダビデ王の親衛隊を構成していた人々である。

 Prethi については

 ペリシテ人 Philister と解釈されている場合もあるが、

 同じ第八章一二に Philistines の表記があり、

 同義とすることは難しく、正確のところは不明である。

 ゼパニヤ書のいうようにフィリステルの紀元前十世紀
 
 ヘブライの王ダビデの時代に、

 ウガリットの祖先の王家名と同じケレト人が

 活動していたとの記録は重要である。

  また、カナン語で keret と発音された用語が

 ヨーロッパ語圏のドイツ語において

  Krethi と発音されたことも留意すべき事項である。



 ARPACHIYAH 1976

 『参考』
 
 Tell Arpachiyah (Iraq).

 まんどぅーかネット

 シュメル絵文字 

  シュメル語・日本語

 《Key Word》

 ダビデ王
コメントを投稿