2013年9月18日水曜日

カルト(スバル)人の地中海進出(7)ベルベル人-1


 『Yahoo!天気・災害』

 創世紀―牛角と祝祭・その民族系譜―

 著述者:歴史学講座「創世」 小嶋 秋彦

 執筆時期:1999~2000年

 牛角と祝祭・その民族系譜:215頁

 第三章 カルト(スバル)人の地中海進出(7)ベルベル人-1

  ギリシャ神話で、クレタ島の神母エウロペーの父

 シリア・チュロスの王アゲーノールは

 リビュエーとポセイドンとの間に生まれた双生児の兄で、

 弟の名前はベーロス Βεμοσ, Bēlos であった。

  ベーロスはカルタゴの女王となったディードー Dido の父で

 また、アッシリアやペルシャの王として知られる。

 ベーロスはウガリット神話に支配的王として登場する

  Baal バール神の転訛名と考えてられている。

  神話上とはいえ、カルタゴの開祖がカナンばかりか

 アッシリア、ペルシャと結びつけられている伝承は重要である。

 フェニキア人の都市チュロスから

 アッシリアの圧迫に追われてカルタゴへ行き、

 同市が建設されたというのがこれまでの一般的理解であった。

 だが、同市の開闢は紀元前七世紀というような

 遅い時期ではなくかなり遡ぼるだろう。

 ARPACHIYAH 1976:高床式神殿


 牛頭を象った神社建築の棟飾部

 『参考』

 Tell Arpachiyah (Ir aq).

 まんどぅーかネット

 シュメル絵文字 

 シュメル語・日本語

 《Key Word》

 シリア・チュロス

 アゲーノール

 リビュエー

 ポセイドン

 ベーロス

 カルタゴ

 ディードー
コメントを投稿