2013年9月5日木曜日

カルト(スバル)人の地中海進出(2)アジア-2


 創世紀―牛角と祝祭・その民族系譜―

 著述者:歴史学講座「創世」 小嶋 秋彦

 執筆時期:1999~2000年

 牛角と祝祭・その民族系譜:188頁

 第三章 カルト(スバル)人の地中海進出(2)アジア-2

  アシアの名の由来について、

 ギリシャ神話の海神オーケアノスとテーテュースの娘アシアーによる、

 あるいはフェニキア人が東方の意味で呼び始めた

 などの見解が通説となっているが、

 本実は Isva が Asia に転訛したものと考えれれる。

 語尾変化 va:ia 関係は

 トロイの都市名 Trowa がギリシャ名で troia になったケースと同様である。

  その商業の担い手がスバル人でなかったにしても、

 スバルという商人の総称を冠された人々が

 ネットワークを張っていたことは間違いないであろう。

  紀元前十五世紀以前にエジプト人が地中海東岸南方に住む人々を

 「アジア人」と呼んだとの史料があるが、

 同時にその地方をフル hwrw とも呼んでいた。

 フルはフルリ人のことでスバル人の 別称とされる呼称であり、

 それ以前に進出していたことがうかがわれる。


 ARPACHIYAH 1976

 『参考』
 
 Tell Arpachiyah (Iraq).

 まんどぅーかネット

 シュメル絵文字 

  シュメル語・日本語

 《Key Word》

 オーケアノス

 アシアー
コメントを投稿