2013年11月24日日曜日

ヤハウェとモーセ-4

 
 『Yahoo!天気・災害』

 創世紀―牛角と祝祭・その民族系譜―

 著述者:歴史学講座「創世」 小嶋 秋彦

 執筆時期:1999~2000年

 牛角と祝祭・その民族系譜:325頁

 第五章 旧約聖書「創世記」:ヤハウェとモーセ-4

  このようにモーセには水と係わる伝承が強烈である。

 モーセに水を操る力を与えたのは神である。

 神はモーセに対し語る。

 「わたしは主である。

  わたしはアブラハム、イサク、ヤコブに全能の神として現われたが、

  主という名では自分を彼等に知らせなかった」(創世記第六章)

 ヘブライ人の神はここで初めてその名が

 主 YHVH〔YHWH〕(ヘブライ語)であることを明かす。

 創世記第三章において、

 主は神の山ホレブでモーセに自らについて説明する。

   わたしは、

  あなたの先祖の神、アブラハムの神、イサクの神、ヤコブの神である。

  モーセは神に言った。

  「わたしがイスラエルの人々のところへ行って、

   彼等に

   『あなたがたの先祖の神が、

    わたしをあなたがたのところへつかわされました』と言うとき、

   彼等が

   『その名はなんというのですか』と

   わたしに聞くならば、なんと答えましょうか。」

  神はモーセに言われた、

  「わたしは、有って有る者。」

  また言われた。

  「イスラエルの人々にこう言いなさい。

   『「わたしはある」というかたが、

    わたしをあなたがたのとことへつかわされました』と。

 ARPACHIYAH 1976:高床式神殿
 (アルパチア遺跡出土の碗形土器に描かれている) 

  
 牛頭を象った神社建築の棟飾部


 『参考』

 Tell Arpachiyah (Iraq)  
 
 ハラフ期の土器について

 アルパチア遺跡出土の碗形土器

 ハブール川
 ハブール川(ハブル川、カブル川、Khabur、Habor
、Habur、Chabur、アラム語:ܚܒܘܪ, クルド語:Çemê Xabûr, アラビア語:نهر الخابور Bahr al-Chabur

 ARPACHIYAH 1976

 高床式神殿

 牛頭を象った神社建築の棟飾部

 神社のルーツ

 鳥居のルーツ

 
コメントを投稿