2013年11月14日木曜日

(3)セムの子孫


 『Yahoo!天気・災害』

 創世紀―牛角と祝祭・その民族系譜―

 著述者:歴史学講座「創世」 小嶋 秋彦

 執筆時期:1999~2000年

 牛角と祝祭・その民族系譜:308頁

 第五章 旧約聖書「創世記」:(3)セムの子孫

  セムの子孫はエラム、アシュル、アルパクサデ、ルデ、アラムであった。

 エラム Elam:鹿を意味する国名で、スーサ Susa (大麦の種) を首都とする。

  またルリスタンという。

  これも鹿を意味する。

 アシュル Assur:アッシリアの首都名

 アルパクサデ Arphaxad:アルパチア遺跡の地、

  「牛頭の領土」あるいは「牛頭の首」の字義。

  セム語による alp (牛頭)-xad (首)

 ルデ Lud:現シリアにいた人々、

  創世紀に「カナンの地にあるルズ、すなわちベテル」とあり、

  ヤコブが旅の途次「天の門」を夢みて、

  「神の家」といってベテルと改名した地である。

 アラム Aram:現シリアの高原地方に居住し、

 南メソポタミアまで進出した部族名。

 ARPACHIYAH 1976:高床式神殿
 (アルパチア遺跡出土の碗形土器に描かれている) 

  
 牛頭を象った神社建築の棟飾部


 『参考』

 Tell Arpachiyah (Iraq)    
 
 ハラフ期の土器について

 アルパチア遺跡出土の碗形土器

 ハブール川
 ハブール川(ハブル川、カブル川、Khabur、Habor、Habur、Chabur、アラム語:ܚܒܘܪ, クルド語:Çemê Xabûr, アラビア語:نهر الخابور Bahr al-Chabur

 ARPACHIYAH 1976

 高床式神殿

 牛頭を象った神社建築の棟飾部

 神社のルーツ

 鳥居のルーツ

 《Key Word》

コメントを投稿