2014年1月31日金曜日

三星堆の祭祀(13)


 『Yahoo!天気・災害』
 Matのジオログ

 創世紀―牛角と祝祭・その民族系譜―

 著述者:歴史学講座「創世」 小嶋 秋彦

 執筆時期:1999~2000年

 旧約聖書「創世記」:牛角と祝祭・その民族系譜:488頁

 第九章 中国の祝祭と皇帝

 三星堆の祭祀(13)

 (3)三星堆の遺物と信仰(6)

 四川省の東端に巫山があり、その北西に觀面山があるが、

 その山中に鸛鳴(がんめい)という地籍がある。

 トキが鳴く意味である。

 ここの山名の觀面は三星堆から出土した

 多くの仮面の呼称であったと考える。

 「鳥の状態を見る(觀)」ことによって占いを行った形跡がある。

 遺物の中には

 鳥身人頭の像や青銅製の雄鳥や杖頭にあしらわれた鳥の造形、

 また大きな青銅製鳥頭や河鵜など

 各種鳥類の青銅製造形物が多数見つかっている。

 これらは鳥に対する信仰の表れとも解釈されている。

 そのほかに重要な金製の人面マスクがあり、

 両目と両眉の部分が大きく抜かれており、

 「見る・觀る」行為を強調しているようである。

 また目とみられる青銅製の菱形の中に眼玉を付けたものや

 眼玉だけを取り出したような青銅製菱形球が沢山ある。

 これらは、鳥類の鋭く睥𥆩する様子を神格化したものと考えられる。

 このような遺物から考えると、

 黄金の仮面は「觀面」と称しても不思議ではない。

 四川省に觀閣、觀塘の地名がある。

 《Key Word》

 觀面山
 觀面山

 鸛鳴

 三星堆から出土した多くの仮面
 三星堆出土青銅製菱形球

 ARPACHIYAH 1976
 高床式神殿、牛頭、空白の布幕、幕と婦人、マルタ十字紋等
 (アルパチア遺跡出土の碗形土器に描かれている) 
 
 

 牛頭を象った神社建築の棟飾部



 『参考』
 Tell Arpachiyah (Iraq) 
 Tell Arpachiyah (Iraq)     
 ハラフ期の土器について
 アルパチア遺跡出土の碗形土器
 ハブール川
 ハブール川(ハブル川、カブル川、Khabur、Habor
、Habur、Chabur、アラム語:ܚܒܘܪ, クルド語:Çemê Xabûr, アラビア語:نهر الخابور Bahr al-Chabur
 ARPACHIYAH 1976
 高床式神殿
 牛頭を象った神社建築の棟飾部
 神社のルーツ
 鳥居のルーツ

コメントを投稿