2014年1月2日木曜日

六派哲学と五明学(9)


 『Yahoo!天気・災害』
 Matのジオログ

 創世紀―牛角と祝祭・その民族系譜―

 著述者:歴史学講座「創世」 小嶋 秋彦

 執筆時期:1999~2000年

 旧約聖書「創世記」:牛角と祝祭・その民族系譜:449頁

 第八章 インド文化と祝祭 

 「六派哲学と五明学」(9)

 (2)インドの医薬学:医方明-3

  診断方法についても、視診、打診を行い、

 舌、皮膚、音声を精密に調べ、糞、尿検査も行った。

 特に脈拍の検査には重きをおいた。

 治療法は、消化を整え、栄養をよくすることを主とし、

 沐浴、薫煙、温蒸法、吸入、

 うがい、点滴、浣腸、座薬、塗操などがなされた。

 外科手術も最後の手段として行われ、

 脾腫に対して白熱した針を用いるなどした。

 骨折、脱臼に対する包帯、添え木の技術もあった。

 腸の縫合、砕石などの手術さえまた眼の病気に対する手術も行った。

  衛生面については、日常の摂生法を説き、

 飲食、衣服、寝起き、運動、沐浴などについての

 規定が細かく説かれている。

 ARPACHIYAH 1976
 高床式神殿、牛頭、空白の布幕、幕と婦人、マルタ十字紋等
 (アルパチア遺跡出土の碗形土器に描かれている) 

  
 牛頭を象った神社建築の棟飾部


 『参考』
 Tell Arpachiyah (Iraq) 
 Tell Arpachiyah (Iraq)     
 ハラフ期の土器について
 アルパチア遺跡出土の碗形土器
 ハブール川
 ハブール川(ハブル川、カブル川、Khabur、Habor
、Habur、Chabur、アラム語:ܚܒܘܪ, クルド語:Çemê Xabûr, アラビア語:نهر الخابور Bahr al-Chabur
 ARPACHIYAH 1976
 高床式神殿
 牛頭を象った神社建築の棟飾部
 神社のルーツ
 鳥居のルーツ 
コメントを投稿