2014年1月24日金曜日

三星堆の祭祀(6)


 『Yahoo!天気・災害』
 Matのジオログ

 創世紀―牛角と祝祭・その民族系譜―

 著述者:歴史学講座「創世」 小嶋 秋彦

 執筆時期:1999~2000年

 旧約聖書「創世記」:牛角と祝祭・その民族系譜:481頁

 第九章 中国の祝祭と皇帝

 三星堆の祭祀(6)

 (2)中国の祝祭(2)

 杭から出土したほとんどの玉器が灰色あるいは黒色に変色していたのは

 この事情によるものものだろう。

 絹布品は焼かれれば跡形もなくなる。

 犠體とは犠牲獣のことで、牛、豚、羊が使われたようだが、

 中国古代における屠殺行為は「灌」で、

 「犠牲用の動物を棍棒で殴り殺し、さらに叩き潰す」という。

 シュメル語の屠殺するの意味である śum にも「打つ」意味があった。

 その意義から鍛冶屋 Śmith (英語)が出来たことは既に述べた。

 中国では「打つ」行為を直截的に行ったのである。

 現在の雲南省の少数民族の「牛祝祭」においても、

 牛の首を高く上げさせておいて斧で咽に一撃を打ち込み屠殺すると言う。

 打ち殺された「灌」犠牲獣は解体され俎板上に並べられる「肆(し)」。

 俎(そ)は「まないた」と通称されているが、

 本来は犠牲獣を載せる容器の事である。

 ARPACHIYAH 1976
 高床式神殿、牛頭、空白の布幕、幕と婦人、マルタ十字紋等
 (アルパチア遺跡出土の碗形土器に描かれている) 

  
 牛頭を象った神社建築の棟飾部


『参考』
 Tell Arpachiyah (Iraq)
 Tell Arpachiyah (Iraq)    
 ハラフ期の土器について
 アルパチア遺跡出土の碗形土器

 ハブール川
 ハブール川(ハブル川、カブル川、Khabur、Habor
、Habur、Chabur、アラム語:ܚܒܘܪ, クルド語:Çemê Xabûr, アラビア語:نهر الخابور Bahr al-Chabur
 ARPACHIYAH 1976
 高床式神殿
 牛頭を象った神社建築の棟飾部
 神社のルーツ
 鳥居のルーツ

コメントを投稿