2014年5月11日日曜日

大江戸:塩土老翁の鎮座地(2)


 『Yahoo!天気・災害』
 Matのジオログ

 創世紀―牛角と祝祭・その民族系譜―

 著述者:歴史学講座「創世」 小嶋 秋彦

 執筆時期:1999~2000年

 牛角と祝祭・その民族系譜:611頁

 第十一章 日本に祀られたインドの神々

 大江戸:塩土老翁の鎮座地(2)

 日本書紀の一書は、

 この事勝国勝長狭の別名を塩土老翁というと記す。

 また海幸彦、山幸彦の物語にも登場する。

 山幸彦が兄海幸彦の釣針を失ってしまい

 困って海辺を彷徨っていたと表われて、

 目無籠を作って山幸彦をそれに乗せ海神の宮へ送り、

 釣針を捜すよう案内した神として塩土老翁が現れる。

 古事記も同様の伝承を載せ、

 その神の名を塩椎神(しほつちのかみ)と称する。

 因みに日本書紀の目無籠を古事記は

 「无間勝間(まなしかつま)の小船」と表わす。

 これは、メソポタミアのアッカドの創健者サルゴン王が

 瀝青を塗り込められた籠(シュメル語の pisan )に入れられて

 ユーフラテス川に流された物語や旧約聖書の出エジプト記の

 モーセの出生後に同様の籠の役目に共通する。

 籠に入った者は後に民族の指導者となる運命にある。

 《参考》

 ARPACHIYAH 1976
 高床式神殿、牛頭、空白の布幕、幕と婦人、マルタ十字紋等
 (アルパチア遺跡出土の碗形土器に描かれている) 

  
 牛頭を象った神社建築の棟飾部



 Tell Arpachiyah (Iraq)     
 ハラフ期の土器について
 ハブール川
 ハブール川(ハブル川、カブル川、Khabur、Habor
、Habur、Chabur、アラム語:ܚܒܘܪ, クルド語:Çemê Xabûr, アラビア語:نهر الخابور Bahr al-Chabur
 ARPACHIYAH 1976
 高床式神殿
 牛頭を象った神社建築の棟飾部
 神社のルーツ
 鳥居のルーツ
コメントを投稿