2014年2月17日月曜日

神農の世界(4)


 『Yahoo!天気・災害』
 Matのジオログ

 創世紀―牛角と祝祭・その民族系譜―

 著述者:歴史学講座「創世」 小嶋 秋彦

 執筆時期:1999~2000年

 旧約聖書「創世記」:牛角と祝祭・その民族系譜:505頁

 第九章 中国の祝祭と皇帝

 神農の世界(4)

 「神農本草経」という医薬に関する著述がる。

 それには365種の医薬が紹介されており、

 上薬120種、中薬120種、下薬125種に分かれている。

 上薬は命を養う仙薬(養命薬)、中薬は生を養う健康薬(養生薬)、

 下薬は病気を治す治療薬(治療薬)で、

 その基本的用法は久服という永い間のみ続けることとする。

 彝族の幅広い知識のうちの医薬知識も

 非常に豊かで奥深いものがある。

 雲南省の禄豊地方に残こされている「斉書蘇(せいしょそ)」は

 薬を調合する方法を解説したものであるが、

 書名はサンスクリット語の cikibsa の移入と考えられ、

 中国の医薬(漢方医療)の基礎はインド医方門にあったと考える。

 楚雄彝族文字による医書が発見され、

 数百種のかカルテや処方箋が記されていた。

 現在の雲南白薬は父祖伝来の秘処方箋により混精されたももで、

 彝族の古い知識による。

 雲南省は豊富な薬材の産地で、

 冬虫夏草、貝母、田七人参、天麻、党参、茯苓、雪連、熊胆、

 鹿茸、麝香など貴重なものが採取される。

 《Key Word》

 神農本草経
 神農本草経

 雲南白薬
 雲南白薬

 冬虫夏草
 冬虫夏草

 貝母
 貝母

 田七人参
 田七人参

 天麻
 天麻

 党参
 党参

 茯苓
 茯苓

 雪蓮
 雪蓮

 熊胆
 熊胆

 鹿茸
 鹿茸

 麝香
 麝香

 ARPACHIYAH 1976

 高床式神殿、牛頭、空白の布幕、幕と婦人、マルタ十字紋等
 (アルパチア遺跡出土の碗形土器に描かれている)
 
  
 牛頭を象った神社建築の棟飾部



 『参考』
 Tell Arpachiyah (Iraq)
 Tell Arpachiyah (Iraq)    
 ハラフ期の土器について
 アルパチア遺跡出土の碗形土器
 ハブール川
 ハブール川(ハブル川、カブル川、Khabur、Habor
、Habur、Chabur、アラム語:ܚܒܘܪ, クルド語:Çemê Xabûr, アラビア語:نهر الخابور Bahr al-Chabur
 ARPACHIYAH 1976
 高床式神殿
 牛頭を象った神社建築の棟飾部
 神社のルーツ
 鳥居のルーツ
コメントを投稿