2014年2月5日水曜日

三星堆の祭祀(20)


 『Yahoo!天気・災害』
 Matのジオログ

 創世紀―牛角と祝祭・その民族系譜―

 著述者:歴史学講座「創世」 小嶋 秋彦

 執筆時期:1999~2000年

 旧約聖書「創世記」:牛角と祝祭・その民族系譜:495頁

 第九章 中国の祝祭と皇帝

 三星堆の祭祀(20)

 (3)三星堆の奉祭種族(6)

 当時彼等は「烏(う)蛮」と呼ばれた。

 その勢力範囲は

 雲南、四川南部、貴州の西部、広西西部と広大な多民族国家で、

 彝族が王族として君臨していた。

 中国の研究者たちは史記西南夷列伝にある

 「弁髪で、家畜とともに移住して定住せず、君長もいない」

 嵩(ずい)・昆明に当てている。

 これは紀元前後の記録であるが、

 現在の彝族の持っている文化的史料をみると、

 どうもそのような遊牧に依拠した生活者たちの性格ではない。

 その種族の複雑さは長い文化習俗の積み重ねの結果で、

 定着性が保持されなければ醸しだされない。

 例えば、一年を十月とする太陽暦を持っており、

 固有の天文学理論、宗教儀礼を行うための「道場星図」や

 二八星宿(動物名をつけた二八星座)がある。

 独自の天文学的観測技術を持っている証明である。

  まtが方向を八方方位に分け、

 時間も一年を

 八時(立春、春分、立夏、夏分、立秋、秋分、立冬、冬分)に、

 一日にも

 八時(早晨、上午、中午、下午、傍晩、黄昏、半夜、鶏叫)に

 分けられている。

 《Key Word》

 史記西南夷列伝
 史記西南夷列伝

 二十八宿
 二八星座


 ARPACHIYAH 1976
 高床式神殿、牛頭、空白の布幕、幕と婦人、マルタ十字紋等
 (アルパチア遺跡出土の碗形土器に描かれている) 

  
 牛頭を象った神社建築の棟飾部


 『参考』
 Tell Arpachiyah (Iraq) 
 Tell Arpachiyah (Iraq)     
 ハラフ期の土器について
 アルパチア遺跡出土の碗形土器

 ハブール川
 ハブール川(ハブル川、カブル川、Khabur、Habor
、Habur、Chabur、アラム語:ܚܒܘܪ, クルド語:Çemê Xabûr, アラビア語:نهر الخابور Bahr al-Chabur
 ARPACHIYAH 1976
 高床式神殿
 牛頭を象った神社建築の棟飾部
 神社のルーツ
 鳥居のルーツ
コメントを投稿