2014年2月13日木曜日

神農の世界(2)


 『Yahoo!天気・災害』
 Matのジオログ

 創世紀―牛角と祝祭・その民族系譜―

 著述者:歴史学講座「創世」 小嶋 秋彦

 執筆時期:1999~2000年

 旧約聖書「創世記」:牛角と祝祭・その民族系譜:503頁

 第九章 中国の祝祭と皇帝

 神農の世界(2)

  神農氏については次のように記す。
 
   人身牛首なり。

  姜水に長ず。

  因りて以て姓と為す。

  火徳の王なり。

  故に炎帝と云ふ。

  火を以て官に名づく。

  木を切りて耜(鋤)と為し、

  木を撓めて耒(鋤の柄)と為し、

  耒耨の用(鋤鍬の使用法)、以て萬人に教へ、

  始めて耕を教ふ。

  故に神農氏と号す。

  是に於て蜡祭(歳末の収穫感謝の祭)を作す。

  赭鞭を以て草木を鞭ち、始めて百草を誉めて、

  始めて医薬有り、(略)

  神農は本烈山より起る。

  故に左氏称すらく、烈山氏の子を柱と云う。

  亦厲山氏と云う。

 ARPACHIYAH 1976
 高床式神殿、牛頭、空白の布幕、幕と婦人、マルタ十字紋等
 (アルパチア遺跡出土の碗形土器に描かれている) 

  
 牛頭を象った神社建築の棟飾部



 『参考』
 Tell Arpachiyah (Iraq) 
 Tell Arpachiyah (Iraq)     
 ハラフ期の土器について
 アルパチア遺跡出土の碗形土器

 ハブール川
 ハブール川(ハブル川、カブル川、Khabur、Habor
、Habur、Chabur、アラム語:ܚܒܘܪ, クルド語:Çemê Xabûr, アラビア語:نهر الخابور Bahr al-Chabur
 ARPACHIYAH 1976
 高床式神殿
 牛頭を象った神社建築の棟飾部
 神社のルーツ
 鳥居のルーツ
コメントを投稿