2013年10月5日土曜日

グルジア-7


 『Yahoo!天気・災害』

 創世紀―牛角と祝祭・その民族系譜―

 著述者:歴史学講座「創世」 小嶋 秋彦

 執筆時期:1999~2000年

 牛角と祝祭・その民族系譜:251頁

 第四章 グルジア-7

  聖ゲオルグ信仰はローマ時代を通じ西方にも広がり、

 「イベリア半島」でみた San Jorge 、

 ウェールズとアイルランドの間の海峡名 Saint Georgia 、

 また英国のキリスト教聖人となり国王の名称ジョージともなり、

 アメリカのアトランタのあるジョージ州の名となった。

 一方、ロシアのキリスト教ではユーリー教会など

 その威徳がが尊崇され続けている。

 ユーリーはゲオルグのロシア名である。

  グルジア語はカルトイベリ諸語の日一つといわれるが、

 先にみたようにウラルトゥ語との関連、シュメル語との関連、

 さらにイベリア半島のバスク語との共通性が追求されている。

 ARPACHIYAH 1976:高床式神殿
 
 
 牛頭を象った神社建築の棟飾部


『参考』

 Tell Arpachiyah (Ir aq).
  
 まんどぅーかネット

 シュメル絵文字 

 シュメル語・日本語

 《Key Word》
コメントを投稿