2013年10月3日木曜日

グルジア-5


 『Yahoo!天気・災害』

 創世紀―牛角と祝祭・その民族系譜―

 著述者:歴史学講座「創世」 小嶋 秋彦

 執筆時期:1999~2000年

 牛角と祝祭・その民族系譜:249頁

 第四章 グルジア-5

 また、第三のスヴァン人はヴァン湖、セヴァン湖方面にいた人々である。

 グルジア語で svam は「飲み込む」であるが、

 sevan 湖はその用語に従ったもので、van 湖はその北に sevan 山が

 あるとおり svam に係わる名称である。

 これはウルミア湖も同じであるが、両湖とも湖から流れ出す川はなく、

 湛えられた水はすべて地下に吸い込まれてしまう。

 以上の三民族の名称においても

 彼等が南方から移動して来たことを理解させる。

 トルコ領のアルダハン Ardahan 中心に

 イスラム教化したカルトイベリ人が住んでいるが、

 この町の名はウラルトゥ時代のハブリウリの町

 ムサシルのウラルトゥ語名アルダーニと同じであり、

 その両方には、その転訛 Artin 名の町もある。

  グルジア人の氏名の大きな特徴は

 「シュワル(十字)」

 「シュヴェリ(息子)」

 「シュビリ・アシュリ(娘)」

 「シュヴィリ(子供)」

 が付されていることで、

 スバルやその別称とされたシュバリと極めて親密である。

 二十世紀のソ連の政治家スターリンは同国ゴリ市の出身で、

 グルジア名をシュガシュヴェリといった。

 ゴルバチョフ首相の下で欧米諸国との間の冷戦を終局させた

 外相シュワルナーゼもグルジアの出身で、

 ソ連解体後帰国して大統領の職席に就いた。

 首都トビリシ市内にはゲオルゲシェヴェリ通りがある。


 ARPACHIYAH 1976:高床式神殿
 

 牛頭を象った神社建築の棟飾部


 『参考』

 Tell Arpachiyah (Ir aq).
  
 まんどぅーかネット

 シュメル絵文字 

 シュメル語・日本語

 《Key Word》
コメントを投稿