2013年10月7日月曜日

大陸ケルト人-2


 『Yahoo!天気・災害』

 創世紀―牛角と祝祭・その民族系譜―

 著述者:歴史学講座「創世」 小嶋 秋彦

 執筆時期:1999~2000年

 牛角と祝祭・その民族系譜:255頁

 第四章 大陸ケルト人-2

  その頃には、

 スバル人であるケルト人はアナトリアの西端エーゲ海沿岸まで

 到達していただろうと思われる。

 また、

 アッシリア、ヒッタイトの興隆ににより北メソポタミアとの連絡を

 断たれたケルト人の集団が

 ダーダネルス海峡あるいはポスポラス海峡を渡って

 ヨーロッパ大陸へと入った形勢ががある。

 トラキアのエーゲ海へ流れ込む川にエブロス Ebros 川があるが、

 この名称は Iberi に係わる。

  トラキアの古民族にサトライ人がいた。

 ラテン語の Satrae は雑煮料理を意味する。

 サトライはユダヤの過越の祭の名称でもあり、

 この民族は祝祭を行う人々である。

 過越の祭の慣習に従うと、旧約聖書・出エジプト記第十二章に詳しいが、

 この日、

 子羊犠牲を捧げ、血を天幕に塗り、災いの降りかからないことを祈願する。

 トラキアの地に祝祭を行う民族がいたことは重要である。
 

 ARPACHIYAH 1976:高床式神殿
 (アルパチア遺跡出土の碗形土器に描かれている) 

 
 牛頭を象った神社建築の棟飾部


 『参考』

 Tell Arpachiyah (Ir aq).

 ハラフ期の土器につ い て
  
 まんどぅーかネット

 シュメル絵文字 

 シュメル語・日本語

 ハブール川
 ハブール川(ハブル川、カブル川、Khabur、Habor、Habur、Chabur、アラム語:ܚܒܘܪ, クルド語:Çemê Xabûr, アラビア語:نهر الخابور Bahr al-Chabur 

 《Key Word》

 ヒッタイト

 ダーダネルス海峡

 ポスポラス海峡

 トラキアのエーゲ海
 トラキア(ラテン語:Thracia、トルコ語:Trakya)

 過越
 過越(すぎこし、ヘブライ語: פָּסַח‎、英語: Passover)またはペサハ (pesach)

 旧約聖書・出エジプト記第十二章
コメントを投稿