2013年10月15日火曜日

ゲルマン-7


 『Yahoo!天気・災害』

 創世紀―牛角と祝祭・その民族系譜―

 著述者:歴史学講座「創世」 小嶋 秋彦

 執筆時期:1999~2000年

 牛角と祝祭・その民族系譜:270頁

 第四章 ゲルマン-7

  アーサ Ās は鍛冶を意味する。

 ドイツの西方ボン市の北方に Essen 市がある。

 ここは鉄鉱石の産地で鉄鋼業が盛んであるが、

 その基語 Esse は鍛冶場ないし鍛冶用の炉の意味である。

 エッセン市は Ass とも表記される。

 因みにドイツ語の鉄は Eisen である。

 突然であるが、

 奈良県天理市奄治町は周囲に鏡作りに係わる神社のある地域で

 『新撰姓氏録』大和国神別に

 奄知造が載るように倭鍛冶に係わった地区であったが、

 奄治は奄蔡と同音である。

 北コーカサス及びグルジア国内に居住するオセット人には

 「ナルト叙事詩」という伝承が残されているが、

 日本の神話

 (三種の神器と天孫降臨、海幸彦、山幸彦と

  ウガヤフキアエズノミコトの誕生物語)

 と酷似する物語が含まれており、

 アラーン人と日本の古族との間に

 全く無関係とはいうわけではないのである。

 アーサ神族が遊牧の民であったにしても、

 彼等が金属加工の技術を獲得していたことが

 うかがわれるところである。


 ARPACHIYAH 1976:高床式神殿
 (アルパチア遺跡出土の碗形土器に描かれている) 

  
 牛頭を象った神社建築の棟飾部


 『参考』

 Tell Arpachiyah (Ir aq).

 ハラフ期の土器につ い て

 ハブール川
 ハブール川(ハブル川、カブル川、Khabur、Habor、Habur、Chabur、アラム語:ܚܒܘܪ, クルド語:Çemê Xabûr, アラビア語:نهر الخابور Bahr al-Chabur

 《Key Word》

 新撰姓氏録

 ナルト叙事詩
コメントを投稿