2014年6月10日火曜日

八溝山:薬師信仰の山(16)


 『Yahoo!天気・災害』
 Matのジオログ

 創世紀―牛角と祝祭・その民族系譜―

 著述者:歴史学講座「創世」 小嶋 秋彦

 執筆時期:1999~2000年

 牛角と祝祭・その民族系譜:650頁

 第十一章 日本に祀られたインドの神々

 八溝山:薬師信仰の山(16)

 この地区が孝霊天皇馬阪陵のある片丘で、

 近津神と「片」との関係を

 塩尻市片丘と同様ここにもみることができる。

 片岡神社の祭神を清滝大神とぴうが、

 「滝」は大子町の「田気」と同義で tuki である王子を表わす。

 「清」は美称であろう。

 王寺町の南側は畠田地区が占める。

 「ハタ」は vaidya つまり、「医師」を表わす。

 そこには神名帳に載る

 「火幡(ほわた)神社名神大」が鎮座しているが、

 その社名の左側には「ホタ」との訓音も付されており、

 社名が「ホタ・ハタ」であったことが窺われる。

 小鳥信仰で紹介した高知県西部の幡多郡名と

 祖語を同じくしているのである。

 王寺も医薬師の神・近津信仰の里である。

 そのような状況は表面的には見えず、

 歴史の奥に沈潜してしまっているのである。

 それは茨城県久慈大子町の場合も同様である。 

 《参考》


 ARPACHIYAH 1976
 高床式神殿、牛頭、空白の布幕、幕と婦人、マルタ十字紋等
 (アルパチア遺跡出土の碗形土器に描かれている) 

  
 牛頭を象った神社建築の棟飾部


 Tell Arpachiyah (Iraq) 
 Tell Arpachiyah (Iraq)     
 ハラフ期の土器について
 ハブール川
 ハブール川(ハブル川、カブル川、Khabur、Habor
、Habur、Chabur、アラム語:ܚܒܘܪ, クルド語:Çemê Xabûr, アラビア語:نهر الخابور Bahr al-Chabur
 ARPACHIYAH 1976
 高床式神殿
 牛頭を象った神社建築の棟飾部
 神社のルーツ
 鳥居のルーツ
コメントを投稿