2012年5月11日金曜日

シュメルの大国主とニニギの尊のルーツ



 『出典』言語復原史学会加治木義博大学院講義録28:5頁


 『シュメルの大国主とニニギの尊のルーツ
 「シュメルの大国主とニニギの尊のルーツ

 なぜなら、敗者=<ウンマ>=馬=大国(ウマ)で国を譲った主。

 勝者=<ニンギルス>である。

 いま韓国の発音をみると、日本語の<ラ>行を<ナ>行で発音する。

 その<百済>・<新羅>は南九州からの移住者の国だったのだから、

 古代日本には<ラ>行を<ナ>行で発音する人たちもいた。

 すると<ニンギルス>は<ニンギヌス>=<ニニギ主(ヌシ)>で、

 <大国主>の譲った国の受取り主になる。

 大学院講義録27で疑問だった

 「なぜ?出雲以外に天降った<ニニギの尊>に国を譲ったのか?」への答が、

 ここにあったことになる。

 それは遥か昔=神代に、

 <シュメル>で<ニンギヌス>に譲った記録だったからなのである。

 それだけではない。

 その次の戦いの碑文の中には

 「射た矢はエアンナツムに命中し、彼は倒された」という記事がある。

 神武東征記事の一部は崇神天皇の対戦記事と完全に裏返しになっていていること、

 「崇神紀」では敵の神武天皇または<五瀬の命>は<武埴安彦>になっていることを、

 この講座や私(加治木義博)著『卑弥呼を攻めた神武天皇』などで、

 もうよくご存知のはずである。

 その<武埴安彦>を大学院講義録27に登場した彦国葺(ぶく)=彦国牽(ぴく)・孝元天皇が矢で射殺した
 と書いてある。

 しかし「神武紀」では神武天皇は死なない。

 腕に受けた矢傷がもとで死んだのは五瀬の命で、彼は神武天皇の兄だから、

 死ぬまでは彼が王だった。

 オリエント史によく一致する。

 そこで射殺されたもう一人の王・<エアンナツム>と、

 その名も比較してみよう。

 『参考』
 『言語復原史学会:Web』
 『言語復原史学会:画像』 
 『言語復原史学会:画像』

 『My ブログ』
 古代メソポタミア
 歴史徒然
 ウワイト(倭人):大学講義録
 ウワイト(倭人)大学院講義録 
 オリエント歴史回廊(遷都)
 古代史つれづれ 
 古代史の画像
 ネット歴史塾
 古代史ブログ講座
 ネット歴史塾
 ひねもす徒然なるままに    
 「終日歴史徒然雑記」
 「古代史キーワード検索」         

 『検索』
 GoogleWeb検索
 Google画像検索
 YahooWeb検索
 Yahoo画像検索
 翻訳と辞書
 リンクフリー〔UTF-8 対応版〕

 《参考》
 古代時代の考古学の最新発見・発表・研究成果
 最新の考古学的発掘の方法
 存在価値が問われる我が国の発掘考古学の現状
コメントを投稿