2012年5月23日水曜日

中国初期王朝時代(前2000-前1000年ごろ)



 『出典』言語復原史学会加治木義博大学院講義録28:27~28頁

 『中国初期王朝時代(前2000-前1000年ごろ)
 「中国初期王朝時代(前2000-前1000年ごろ)

 「図:中国初期王朝時代(前2000-前1000年ごろ)

 「黄河中流域」

  辛店文化寺窪文化

  二里頭文化

  「夏王朝」二里頭遺跡洛陽・鄭州

  「商王朝」殷墟遺跡安陽・太原


 「周王朝」周原遺跡西安

 「鄭州商域」

  「三星堆文化」三星堆遺跡金沙遺跡成都

  「十二橋文化」

 「揚子江下流域」

  「薛家崗文化」

  「呉城文化」

  「馬橋文化」

  「湖熟文化」
 
 「初期王朝時代」

 黄河中流域に大型の宮殿跡や青銅礼器(れいき)類などを持った

 二里頭(にりとう)文化

 (「夏(か)」王朝か)が出現し、

 初期王朝時代をむかえる。

 その後、

 商=殷

 周(しゅう)

 の両王朝が興り、

 黄河流域を中心に支配。

 ただし、これら初期王朝の支配領域の「外」では、

 中央の影響を受けながらも在地的な文化が花開き、

 四川でも

 三星堆(さんせいたい)文化

 十二橋(じゅうにきょう)文化が隆盛した。

 三星堆文化やそれに続く十二橋文化は、

 成都平原一帯なった独自の文化圏を形成した。

 『参考』
 『言語復原史学会:Web』
 『言語復原史学会:画像』 
 『言語復原史学会:画像』

 『My ブログ』
 古代メソポタミア
 歴史徒然
 ウワイト(倭人):大学講義録
 ウワイト(倭人)大学院講義録 
 オリエント歴史回廊(遷都)
 古代史つれづれ 
 古代史の画像
 ネット歴史塾
 古代史ブログ講座
 ネット歴史塾
 ひねもす徒然なるままに    
 「終日歴史徒然雑記」
 「古代史キーワード検索」         

 『検索』
 GoogleWeb検索
 Google画像検索
 YahooWeb検索
 Yahoo画像検索
 翻訳と辞書
 リンクフリー〔UTF-8 対応版〕

 《参考》
 古代時代の考古学の最新発見・発表・研究成果
 最新の考古学的発掘の方法
 存在価値が問われる我が国の発掘考古学の現状
コメントを投稿