2012年5月16日水曜日

古式大嘗祭と一致するバビロニヤ王の即位儀礼



 『出典』言語復原史学会加治木義博大学院講義録28:12頁

 また、

 バビロニヤの王は古来、毎年、年頭に厳粛な儀式を行なった。

 それは王衣を脱いで 神の前にひれ伏し、

 改めて遵法を誓った後、衣冠をっけて、

 王位に復してから儀式にはいる独特の復活儀礼で、

 それを毎年繰り返した。

 これは我が国で毎年行なわれた古式の大嘗祭で神前に高く真床が敷かれ、

 天皇は位冠を全て脱いで、

 板枕をして真床に横たわり、

 追衾(おうふすま)を被って物忌みの後、

 改めて現(あき)っ神として起き出られてから、

 冤服(べんぷく)をつけて高御座(みくら)に登り、

 百官の拝謁を受けられた儀式と、

 その信仰も形式もまったく同じである。

 この世界にも希な表現方式をもつ2つの儀式が、

 思想と信仰の一致で、

 天皇が<シュメル文明>の後継者であり、

 そこに強力な都市国家<スサ>が実在したのだから

 <スサノオ>とは<スサの王>だった史実を、

 物(もの)の見事に幾重にも立証しているのである。

 「地図:シュメル人の都市国家」

 「チグリス川(エラム)」

 アッカード・ウンマ・スサ・ラガッシュ・ヤマトバル

 「<ユーフラテス川(バビロニア)」

 キシュ・バビロン・イシン・ウルク・ラルサ・ウル・エリドゥ


 『古式大嘗祭と一致するバビロニヤ王の即位儀礼
 「古式大嘗祭と一致するバビロニヤ王の即位儀礼

 『参考』
 『言語復原史学会:Web』
 『言語復原史学会:画像』 
 『言語復原史学会:画像』

 『My ブログ』
 古代メソポタミア
 歴史徒然
 ウワイト(倭人):大学講義録
 ウワイト(倭人)大学院講義録 
 オリエント歴史回廊(遷都)
 古代史つれづれ 
 古代史の画像
 ネット歴史塾
 古代史ブログ講座
 ネット歴史塾
 ひねもす徒然なるままに    
 「終日歴史徒然雑記」
 「古代史キーワード検索」         

 『検索』
 GoogleWeb検索
 Google画像検索
 YahooWeb検索
 Yahoo画像検索
 翻訳と辞書
 リンクフリー〔UTF-8 対応版〕

 《参考》
 古代時代の考古学の最新発見・発表・研究成果
 最新の考古学的発掘の方法
 存在価値が問われる我が国の発掘考古学の現状
コメントを投稿