2012年5月12日土曜日

埴安彦伝承の実態と名乗りの「入」の真意



 『出典』言語復原史学会加治木義博大学院講義録28:6頁


 『埴安彦伝承の実態と名乗りの「入」の真意
 「埴安彦伝承の実態と名乗りの「入」の真意

  埴  安      彦

  エ  アン  ナ  ツム

  殖  安   奴  津見

  エ  アン  ナ  ツミ

 <アン>と<安>が一致している。

 <埴>は今は<エ>の音は不明だが、

 よく似た<殖>に変えると同じ名になるから<殖>が正しい。

 この戦いはチグリス河を挟んでの対戦だった。

 「崇神紀」の倭韓(わから)河は稚韓(わかから)河だと。

 稚韓子(チガラス)・<チグリス>河になる。

 こうして戦いを繰り返したあと、

 <ウンマ>は<ザバルム>市神殿の法王・<イル>に王位を

 奪われてしまった。

 この<イル>は「入」という字と発音が同じである。

 崇神天皇と垂仁天皇たちはその名乗りに

 「入彦・入日子」と「入」を名乗るが、

 それが何を意味するのか?まだ特定できていない。

 ところが垂仁天皇は、

 明らかに<卑弥呼政権>を倒して<政権>と<法王の地位>とを手に入れている。
 
 崇神天皇も皇后の御間城姫のところへ入り婿になったという名乗りになっている。

 <ザバルム>の法王・<イル>も、入り婿か、

 弓削の道鏡式に政権を奪った可能性が高い。

 とすれば、

 崇神・垂仁2天皇の「入」は始めて正確な意味が判ったことになる。

 それは天皇家本来の皇太子ではなかった者が皇位を継承し、

 その皇子女もまた本当の親王ではないというという表記で、

 この「入」の使用はすぐ廃止されたが、

 一時的に使われた区別名だったことになる。

 『参考』
 『言語復原史学会:Web』
 『言語復原史学会:画像』 
 『言語復原史学会:画像』

 『My ブログ』
 古代メソポタミア
 歴史徒然
 ウワイト(倭人):大学講義録
 ウワイト(倭人)大学院講義録 
 オリエント歴史回廊(遷都)
 古代史つれづれ 
 古代史の画像
 ネット歴史塾
 古代史ブログ講座
 ネット歴史塾
 ひねもす徒然なるままに    
 「終日歴史徒然雑記」
 「古代史キーワード検索」         

 『検索』
 GoogleWeb検索
 Google画像検索
 YahooWeb検索
 Yahoo画像検索
 翻訳と辞書
 リンクフリー〔UTF-8 対応版〕

 《参考》
 古代時代の考古学の最新発見・発表・研究成果
 最新の考古学的発掘の方法
 存在価値が問われる我が国の発掘考古学の現状
コメントを投稿