2012年5月17日木曜日

牛頭天王の謎を解くスーサの遺物



 『出典』言語復原史学会加治木義博大学院講義録28:14頁
 『牛頭天王の謎を解くスーサの遺物
 「牛頭天王の謎を解くスーサの遺物

 「コラム:たくましい雄ウシの柱頭
 ダレイオスが建て、

 その5代の孫である

 アルタクセルクセス・ムネモンが復活した

 スーサの王宮大広間は、

 約6000平方mの広さをもっていたといわれているが、

 この壮大な建築をささえた柱には、

 それにふさわしい雄ウシの柱頭がついていた。

 雄ウシのは2頭が背なか合わせについており、

 この上に、十字に組み合わされて梁が載っていた。

 雄うしは灰色大理石でつくられている。

 現在、ルーヴル博物館蔵。

 『参考』
 『言語復原史学会:Web』
 『言語復原史学会:画像』 
 『言語復原史学会:画像』

 『My ブログ』
 古代メソポタミア
 歴史徒然
 ウワイト(倭人):大学講義録
 ウワイト(倭人)大学院講義録 
 オリエント歴史回廊(遷都)
 古代史つれづれ 
 古代史の画像
 ネット歴史塾
 古代史ブログ講座
 ネット歴史塾
 ひねもす徒然なるままに    
 「終日歴史徒然雑記」
 「古代史キーワード検索」         

 『検索』
 GoogleWeb検索
 Google画像検索
 YahooWeb検索
 Yahoo画像検索
 翻訳と辞書
 リンクフリー〔UTF-8 対応版〕

 《参考》
 古代時代の考古学の最新発見・発表・研究成果
 最新の考古学的発掘の方法
 存在価値が問われる我が国の発掘考古学の現状
コメントを投稿