2012年5月21日月曜日

帝国「商」の名が記録していた歴史



 『出典』言語復原史学会加治木義博大学院講義録28:22頁

 『帝国「商」の名が記録していた歴史
 「帝国「商」の名が記録していた歴史

 こんなに大量の偶然など、あるはずがない。

 それを偶然と呼ぶこともできない。

 偶然とはごく少数のものごとが奇跡的に重なることを

 「偶・たまたま」

 「然り・そうなった」というのであって、

 こんなに多くなくても複数であれば、

 それは「必然」と言わねばならないのである。

 以上の問題は、

 その「必然」=「当然」のことであって、

 それを偶然と思い、偶然と表現すること自体、

 その人物の無知を立証している。

 シュメル文明の担(にな)い手>だったカルデヤ人は、

 新バビロニヤ建国とは無関係に、

 その大移動当時に、

 東進してインドからミャンマー、タイ、台湾、トカラ諸島を経由して、

 南九州から稲敷にまで至り、

 次いで中国に最初の帝国・殷(商)を建てて、

 その文化圏を拡大したのであると確認できるのだ。

 その殷人が「商」を正式国名にしているのも

 シャブガル(シャブ=商売、ガル=人)というシュメル語がなければ

 「商売」という中国語は生まれなかったし、

 商の字も「高」の字の変種であることは誰にでもわかる。

 これは殷人=カルデヤ人そのものが、

 もともと広域を対称にした隊商と海上貿易からなる商売人集団で、

 そのために天測でコースを決める文化を、

 いち早く開発して発達させていたのだと教えてくれる。

 商を国名にしたのは当然で、

 シヤブがタイ語訛りでシャムになるのもまた、

 彼等のコースを記録していたのである。

 『参考』
 『言語復原史学会:Web』
 『言語復原史学会:画像』 
 『言語復原史学会:画像』

 『My ブログ』
 古代メソポタミア
 歴史徒然
 ウワイト(倭人):大学講義録
 ウワイト(倭人)大学院講義録 
 オリエント歴史回廊(遷都)
 古代史つれづれ 
 古代史の画像
 ネット歴史塾
 古代史ブログ講座
 ネット歴史塾
 ひねもす徒然なるままに    
 「終日歴史徒然雑記」
 「古代史キーワード検索」         

 『検索』
 GoogleWeb検索
 Google画像検索
 YahooWeb検索
 Yahoo画像検索
 翻訳と辞書
 リンクフリー〔UTF-8 対応版〕

 《参考》
 古代時代の考古学の最新発見・発表・研究成果
 最新の考古学的発掘の方法
 存在価値が問われる我が国の発掘考古学の現状
コメントを投稿