2012年5月22日火曜日

高度に知性的な「神代」「建国」の史観



 『出典』言語復原史学会加治木義博大学院講義録28:25頁

 『高度に知性的な「神代」「建国」の史観
 「高度に知性的な「神代」「建国」の史観

 「スサノオの尊」ルーツがわかると、

 『記・紀』が「神代」と「神」とした部分の実体も、

 正しく理解することができる。

 神々は説話用に捏造(ねつぞう)された偽物の神ではなく、

 史実をもった血の通った実在者である。

 『記・紀』の書く「神代」とは国家体系が出来る前という意味で、

 従来錯覚していたような、

 神秘や奇跡を演じる化け物の時代ということではない。

 建国は、国家としての政治体系が整い始めたときをいい、

 無統一時代を「神代」と名づけて区分しているが、

 神々たちは高天原という政治体系をもち一段進んだ社会を

 構成していた今の用語でいえば高天原は「先進国」で、

 そこからの天降(あまくだ)りだったのである。

 こうした史実が明らかになると、

 神秘を売り物にする下級宗教は苦境に立つ。

 「ガリレイの地動説」

 「ダーウィンの進化論」

 「ノアの洪水」の真相発表などによって

 「権成」を失墜したそれまでのキリスト教が、

 実に醜悪な弾圧を加えた事実は、

 何時までも恥辱として残っている。

 「日本の神道」が同じことををしてキリスト教の後塵を拝したのでは、

 それこそ西欧の笑い物にされるのである。

 確かに「神霊」は実在して、

 敏感な人には様々な啓示を授けるが、

 それは別問題で、

 神社で私たちが祈る神々は、化物ではなく、

 真実の祖先の霊でなければならない。

 それを求め立証するために私たちは、

 苦労して研究を続けているのである。

 『参考』
 『言語復原史学会:Web』
 『言語復原史学会:画像』 
 『言語復原史学会:画像』

 『My ブログ』
 古代メソポタミア
 歴史徒然
 ウワイト(倭人):大学講義録
 ウワイト(倭人)大学院講義録 
 オリエント歴史回廊(遷都)
 古代史つれづれ 
 古代史の画像
 ネット歴史塾
 古代史ブログ講座
 ネット歴史塾
 ひねもす徒然なるままに    
 「終日歴史徒然雑記」
 「古代史キーワード検索」         

 『検索』
 GoogleWeb検索
 Google画像検索
 YahooWeb検索
 Yahoo画像検索
 翻訳と辞書
 リンクフリー〔UTF-8 対応版〕

 《参考》
 古代時代の考古学の最新発見・発表・研究成果
 最新の考古学的発掘の方法
 存在価値が問われる我が国の発掘考古学の現状
コメントを投稿