2012年5月22日火曜日

根底からくつがえった過去の「渡来人」観



 『出典』言語復原史学会加治木義博大学院講義録28:26頁

 『根底からくつがえった過去の「渡来人」観
 「根底からくつがえった過去の「渡来人」観

 こうして細かく考察すると、

 至るところに史実が残した文化財が残っていて、

 文字で書かれた史料を補うだけでなく、

 そんな史料を上回る事実を読み取ることができる。

 その実例として私が23年前に調査した

 中国宝貝遺物の研究が、その後どう発展したか?、

 それはなにを物語るか?。

 梅澤稔先生ご提供の最新の資料をご覧戴いて2005年の年頭を飾りたいと思う。

 その結論をここに書くと、それ以後の大規模調査により、

 沖縄以外の産地の宝貝や淡水産真珠貝の殻も発見されて、

 貝文化が殷代以後も姿を変えながら継続し、

 むしろ発展し続けたことが記録されている。

 その産地からは「商人」たちが、広く中国に拡がって、

 新商品を開拓し、養殖し、貨幣産業を脱皮して、

 装飾品産業として新しい生命を与えたことも記録している。

 こうしたことから、

 さらに読みとれるのは、

 彼等は必ずしも移動先に定着せずに

 広域を旅して集荷し輸送したという事実である。

 これは

 渡来人を「逃げて来て土着した人たちだ」としてきた

 定説が根底から間違っていたことを示す。

 彼等は一部は土着して小国を作るが、

 一部はその出発点へ戻り、

 また商いに出掛ける「隊商」だったのである。

 「カリエン人」

 闇雲(やみくも)に未知の土地へ逃げたのではなく、

 通商で熟知していた土地へ移住して文化を伝播し、

 また次の移住先を建投しては次第に移動して、

 次々に国家として大成させて行ったのである。

 『参考』
 『言語復原史学会:Web』
 『言語復原史学会:画像』 
 『言語復原史学会:画像』

 『My ブログ』
 古代メソポタミア
 歴史徒然
 ウワイト(倭人):大学講義録
 ウワイト(倭人)大学院講義録 
 オリエント歴史回廊(遷都)
 古代史つれづれ 
 古代史の画像
 ネット歴史塾
 古代史ブログ講座
 ネット歴史塾
 ひねもす徒然なるままに    
 「終日歴史徒然雑記」
 「古代史キーワード検索」         

 『検索』
 GoogleWeb検索
 Google画像検索
 YahooWeb検索
 Yahoo画像検索
 翻訳と辞書
 リンクフリー〔UTF-8 対応版〕

 《参考》
 古代時代の考古学の最新発見・発表・研究成果
 最新の考古学的発掘の方法
 存在価値が問われる我が国の発掘考古学の現状
コメントを投稿