2012年5月14日月曜日

シュメル発の日本語群と日の出・日没への関心



 『出典』言語復原史学会加治木義博大学院講義録28:8頁


 『シュメル発の日本語群と日の出・日没への関心
 「シュメル発の日本語群と日の出・日没への関心

 この王名の共通だけでなく、

 当時の「シュメル語と日本語の共通語」には

 次のようなものが確認できる。

 宮司=サング、参宮、南九州ではグッサンという。

 商売人=シヤプガル、

 人=グル(アイヌ語)。

 大工=ナガル、刀は片刃(カタナ)、刃=ナ、ナガル=刃人・刃物師だ。

 自国民=ウッキン、内君、ウチの大切な人たち。

 その長(おさ)が<大君>・<ウッキン>(南九州)。

 王=エン、役(エン)の小角(オヅヌ)は修験者たちの王(エン)。

 修験という名もシュメルに通じるが、

 その額(ひたい)に着ける兜巾(ときん)も、

 今もイスラエルの司祭が全く同じものを着けるし、

 また耳の前に我が国古代の髪形・(美豆良(ミヅラ))とよく似た特殊な髪を垂れる。

 これは彼等がバビロン捕囚時代に身につけたシュメル文化の遺物で

 当時のレリーフにも見られる風習。

 イスラエル人だけのものではない。

 しかしこの<ウルカギナ>王のとき、

 <ウンマ>の軍勢が侵入して<テラシュ>神殿などを襲い、

 宝石貴金属を奪い放火して焼き払った。

 この神殿名も「照す」で、南九州には寺師(てらす)姓もある。

 この時以後<ウンマ>は侵略政策をとり続け、

 50の都市国家を征服して、

 日の出る<エラム>から日の入る<シリヤ>(尻国(ヤ)・後(しり)国)まで

 シュメル全土に君臨した。

 <エラム>は沖縄発音・<イラブ>=<伊良部>、

 南九州発音<エラプ>=<永良部>で、

 この地名のルーツを物語るし、

 尻の反対語の頭(かしら)によって、
 
 頭に「選ぶ」という

 日本語がこのシュメル語から生まれたことも理解できる。

 『参考』
 『言語復原史学会:Web』
 『言語復原史学会:画像』 
 『言語復原史学会:画像』

 『My ブログ』
 古代メソポタミア
 歴史徒然
 ウワイト(倭人):大学講義録
 ウワイト(倭人)大学院講義録 
 オリエント歴史回廊(遷都)
 古代史つれづれ 
 古代史の画像
 ネット歴史塾
 古代史ブログ講座
 ネット歴史塾
 ひねもす徒然なるままに    
 「終日歴史徒然雑記」
 「古代史キーワード検索」         

 『検索』
 GoogleWeb検索
 Google画像検索
 YahooWeb検索
 Yahoo画像検索
 翻訳と辞書
 リンクフリー〔UTF-8 対応版〕

 《参考》
 古代時代の考古学の最新発見・発表・研究成果
 最新の考古学的発掘の方法
 存在価値が問われる我が国の発掘考古学の現状
コメントを投稿