2012年5月18日金曜日

謎の36度線レイラインとスメラギの真相



 『出典』言語復原史学会加治木義博大学院講義録28:16頁

 『謎の36度線レイラインとスメラギの真相
 「謎の36度線レイラインとスメラギの真相

 沖縄の人たちは、

 <鹿児島人>を<倭人>と区別して<ヤマトンチュウ>と呼んだのであって、

 それはイコール<薩摩人>ということであった。

 その実体は太陽神<シャマシュ>を崇める都市国家<ヤマトバルの国民>だったのである。

 それは唐代には『日本国』を名乗っていた。

 しかしそれは今から4000年前に実在していた

 シュメル文明を継承した名前だった。

 それは茨城県地域が<日立の国>と呼ばれて、

 殷商帝国からみれば「日の本(もと)つ国」だったのである。

 稲敷と殷の都とを結ぶ北緯36度線の謎のレイラインは、

 シュメル文明を持って来た人たちが計測したものだったのである。

 スメラギという代名詞は、

 殷商帝国が生まれる以前に我が国で生まれた日本語である。

 それは<スメラ+吾(あぎ)君>=<我が君・天皇>=<スメラギ>

 2語の混血だからである。

 同じことは<スサノオの名>でも見られる。

 <スサ+の王・男>=<スサノオ>だ。

 これで<スサノオの幾人>かは、

 今から4000年前の実在者だったことが理解できたと思う。

 ただしそれは向こうでの呼び名=人称代名詞であって、

 我が国の出雲とは無関係である。

 共通点は彼が天国(エデン)を追われて、

 野蛮人の住む下界に降(くだ)って来て、

 <琉球>という「竜」を退治て、

 さらに東の太陽神・<シヤマシュの国>・<薩摩>にまで着いたことである。

 しかしそこに

 出雲の語源ポセイドン人がやって来たのは、

 それから千年以上も後のことなのだ。

 『参考』
 『言語復原史学会:Web』
 『言語復原史学会:画像』 
 『言語復原史学会:画像』

 『My ブログ』
 古代メソポタミア
 歴史徒然
 ウワイト(倭人):大学講義録
 ウワイト(倭人)大学院講義録 
 オリエント歴史回廊(遷都)
 古代史つれづれ 
 古代史の画像
 ネット歴史塾
 古代史ブログ講座
 ネット歴史塾
 ひねもす徒然なるままに    
 「終日歴史徒然雑記」
 「古代史キーワード検索」         

 『検索』
 GoogleWeb検索
 Google画像検索
 YahooWeb検索
 Yahoo画像検索
 翻訳と辞書
 リンクフリー〔UTF-8 対応版〕

 《参考》
 古代時代の考古学の最新発見・発表・研究成果
 最新の考古学的発掘の方法
 存在価値が問われる我が国の発掘考古学の現状
コメントを投稿