2012年5月30日水曜日

我が国の製鉄はヒッタイト人独特の特異な古代文化



 『出典』言語復原史学会加治木義博大学院講義録29:8頁

 『我が国の製鉄はヒッタイト人独特の特異な古代文化
 「我が国の製鉄はヒッタイト人独特の特異な古代文化

 この例が戒めるように、

 私たち研究者は功を焦って結論を急いではいけない。

 ことに古語の読解は、

 その使用法によって、様々に変化する事実を、

 現代の詩などによって深く認識し、

 誤訳しないように慎重に扱う必要がある。

 例えば皮肉を込めてバカ丁寧に書かれたものなどは、

 上面だけ見たのでは、丁重な賛辞に見えて、

 真意とは逆に受けとれるからである。

 この例に挙げたフロズニー博士の解読は、

 よりヒッタイト語に近い日本語の存在を知らず、

 距離が近いというだけの言語だけで、

 すぐシュメル語と直結して、

 それで充分と錯覚してしまった「落とし穴」に落ちた例である。

 私(加治木義博)はその言語が、

 よく知り早くした自国語だったという幸運に恵まれて、

 彼の誤りを即座に看破できたに過ぎないが、

 この逆も当然起こる。

 研究者は、

 この例を教訓にして、常に自重する深い自覚が必要である。

 ヒッタイト人は、我が列島に他にも遺物を残しているのだろうか?。

 簡単に挙げると、日田、飛騨といった地名とともに、

 製鉄というヒッタイト人独特の特異な古代文化を、

 我が国にもたらしている。

 出雲地方は、その古代製鉄の我が国における最大の先進国であって、

 スサノオの尊が八俣大蛇を退治て、

 『天(アメ)の叢雲(むらくも)の剣』を手に入れたという伝承は、

 古代オリエントとの間の、

 うっかり見過ごせない重大な文化記録の積層を形成している。

 『参考』
 『言語復原史学会:Web』
 『言語復原史学会:画像』 
 『言語復原史学会:画像』

 『My ブログ』
 古代メソポタミア
 歴史徒然
 ウワイト(倭人):大学講義録
 ウワイト(倭人)大学院講義録 
 オリエント歴史回廊(遷都)
 古代史つれづれ 
 古代史の画像
 ネット歴史塾
 古代史ブログ講座
 ネット歴史塾
 ひねもす徒然なるままに    
 「終日歴史徒然雑記」
 「古代史キーワード検索」         

 『検索』
 GoogleWeb検索
 Google画像検索
 YahooWeb検索
 Yahoo画像検索
 翻訳と辞書
 リンクフリー〔UTF-8 対応版〕

 《参考》
 古代時代の考古学の最新発見・発表・研究成果
 最新の考古学的発掘の方法
 存在価値が問われる我が国の発掘考古学の現状
コメントを投稿