2012年8月31日金曜日

膨大な文化遺産『言語』が蓄えていた史実の凄さ



 『特定非営利活動法人森を守る紙の会: NGO-SFP

 『出典』言語復原史学会加治木義博大学院講義録32:14頁

 《膨大な文化遺産『言語』が蓄えていた史実の凄さ

 「膨大な文化遺産『言語』が蓄えていた史実の凄さ

 「卑弥呼の都はどこか?」という疑問が本題である

 『魏書倭人章』解読は、

 こうして順序正しく解明すれば、

 我が国の建国が八千年の昔に遡るという、

 世界に類のない大文明実在の大事実で立証して、

 その歴史を完全に復元できる凄い学問だったことが判る。

 それなのに、ヤマタイコクなどとという無知丸出しの空名で呼び、

 方角が南だ・いや東だという幼児的な「おかど違い」論争を、

 いまだに金科玉条として続けている史学の醜態をみると、

 私たちの『言語復原史学』という史実探査体系が、

 どんなに高度なもので、ケタはずれに進んだものだったか、

 改めてよくお解り戴けたと思う。

 古語も現代語も、膨大な文化遺産であることに変わりはない。

 総てが得難い文化財であることは言うまでもない。

 私たちは僥倖によって史実を発見し続けてきたのではなく、

 推進すれば必ず真実の答が得られる原則を、

 ただ真剣に活用しているだけなのである。

 だから発見できた答は崩れることがない。

 それは次々に積み重なり組み合わさって立体化し、

 いよいよ堅固になるのである。

 その史実の積層の上に聳える大建築、

 私たちの遠祖の超古代文明史が、

 全世界のどんな古代史よりりも、

 さらに古く抜きんでたものだったことを現実に示し始めた上これから

 展開してくる詳細な建国史は、

 ご期待に一層強くお応えすると信じている。

 『参考』
 『言語復原史学会:Web』
 『言語復原史学会:画像』 
 『言語復原史学会:画像』

 『My ブログ』
 古代メソポタミア
 歴史徒然
 ウワイト(倭人):大学講義録
 ウワイト(倭人)大学院講義録 
 オリエント歴史回廊(遷都)
 古代史つれづれ 
 古代史の画像
 ネット歴史塾
 古代史ブログ講座
 ネット歴史塾
 ひねもす徒然なるままに    
 「終日歴史徒然雑記」
 「古代史キーワード検索」         

 『検索』
 GoogleWeb検索
 Google画像検索
 YahooWeb検索
 Yahoo画像検索
 翻訳と辞書
 リンクフリー〔UTF-8 対応版〕

 《参考》
 古代時代の考古学の最新発見・発表・研究成果
 最新の考古学的発掘の方法
 存在価値が問われる我が国の発掘考古学の現状
コメントを投稿