2012年8月5日日曜日

本来のスメルの主人はウバイド



『出典』言語復原史学会加治木義博大学院講義録31:16頁

本来のスメルの主人はウバイド

本来のスメルの主人はウバイド

次は従来シュメルと呼ばれた地域に住んでいた太古の人々の、

その歴史を知らなくては済まない。

判っていることは彼等は今から約5500年前のB.C.E.3500年頃に、

メソポタミヤのチグリス、ユーフラテス両大河下流域に移動してきた

未開の遊牧民で、

そこにはウバイド=Uvaidと呼ばれた先住民がいた。

彼等は住居地の中央に神を集る聖域を作り、

その周囲で世界最初の灌漑農業を営なみ、

水田式農耕を考案した。

この地方を含むアラビヤからイランにかけての地域は、

出土した動植物の遺骸などによって、

2万年前ごろから乾燥期に入ったことがわかっているので、

次第に森林が消えて、

それまでの主食だったドングリなどの果実が得られなくなると

野草とその種子がそれに代わり、

草食獣を飼って生活する牧畜か生まれ、

栽培植物を乾燥から守る灌水技術を発明した結果、

河川や湖沼近くに移した彼等の居住地域=水量豊な

チグリス、ユーフラテス両大河下流域は、

人類にとって空前の宝庫になり、

弓形をしたその周辺地域は、

今も『肥沃な三日月地帯』と呼ばれている。

そこへ他から暴力で勝る人々がやってきて、

支配権をふるい、

富を蓄積して強大になり、

次々に都市国家を造り、

粘土版に彼等の文字で記録を残したから、

彼等はこれまで知られている範囲では、

人類最古の文明人たちだとされてきた。

これがいわゆるシュメルなのだ。

『参考』
『言語復原史学会:Web』
『言語復原史学会:画像』 
『言語復原史学会:画像』

特定非営利活動法人森を守る紙の会: NGO-SFP

『My ブログ』
古代メソポタミア
歴史徒然
ウワイト(倭人):大学講義録
ウワイト(倭人)大学院講義録 
オリエント歴史回廊(遷都)
古代史つれづれ 
古代史の画像
ネット歴史塾
古代史ブログ講座
ネット歴史塾
ひねもす徒然なるままに    
「終日歴史徒然雑記」
「古代史キーワード検索」         

『検索』
GoogleWeb検索
Google画像検索
YahooWeb検索
Yahoo画像検索
翻訳と辞書
リンクフリー〔UTF-8 対応版〕

《参考》
古代時代の考古学の最新発見・発表・研究成果
最新の考古学的発掘の方法
存在価値が問われる我が国の発掘考古学の現状
コメントを投稿