2012年8月26日日曜日

オリザ・ヤワニカと、沢口靖子の証言



 『特定非営利活動法人森を守る紙の会: NGO-SFP

 『出典』言語復原史学会加治木義博大学院講義録32:4頁

 《オリザ・ヤワニカと、沢口靖子の証言

 「オリザ・ヤワニカと、沢口靖子の証言

 植物の女神イナンナの名から稲のルートが判ったが、

 稲は植物の品種の一つだから植物学を無視できない。

 それは主食を作る文化で農学最大の対象であり、

 人類生活の根底を支える経済活動だから経済学も切り離せない。

 名前の比較だけでは史実は復元できない事が判る。

 史学の調査に出掛けても、広い視点で観察し、記録し、

 問題を提起しなければ収獲は貧弱なものに終る。

 説得力のある、

 その実例として、

 私(加治木義博)が昭和40年代から50年代にかけて、

 台湾からタイ・ミャンマーまで

 東南アジヤの山地居住者(Hill tribe)調査を重ねた、

 その体験を少しお話ししてみよう。

 その時、

 私(加治木義博)が発見したのが大学院講義録30の4頁に転載した

 カラーブックス『日本人のルーツ』26頁の、

 日本米・ヤポニカよりさらに見事な丸々とした大粒の水稲だった。

 これはその後、専門家によって研究が進められて、

 Oryza javanica オリザ・ヤワニカと命名され、

 私(加治木義博)はその図版の解説の中に

 「日本の初期水稲遺跡は自然の湿地帯を求めて開かれている。

  マレー語で水田をサワというが、

  まさに沢こそ初期の水田だったのである」と書いている。

 ウバイド人はインダスから我が国まで来て、沢に稲を植えた。

 俳優の沢口靖子の顔立ちは、

 その姓と共に、

 古く遠い故郷がウバイドであることを、

 今も雄弁に立証しているのである。

 『参考』
 『言語復原史学会:Web』
 『言語復原史学会:画像』 
 『言語復原史学会:画像』

 『My ブログ』
 古代メソポタミア
 歴史徒然
 ウワイト(倭人):大学講義録
 ウワイト(倭人)大学院講義録 
 オリエント歴史回廊(遷都)
 古代史つれづれ 
 古代史の画像
 ネット歴史塾
 古代史ブログ講座
 ネット歴史塾
 ひねもす徒然なるままに    
 「終日歴史徒然雑記」
 「古代史キーワード検索」         

 『検索』
 GoogleWeb検索
 Google画像検索
 YahooWeb検索
 Yahoo画像検索
 翻訳と辞書
 リンクフリー〔UTF-8 対応版〕

 《参考》
 古代時代の考古学の最新発見・発表・研究成果
 最新の考古学的発掘の方法
 存在価値が問われる我が国の発掘考古学の現状
コメントを投稿