2012年8月4日土曜日

決定的になった『日本書紀』は天智天皇の政略書



 『出典』言語復原史学会加治木義博大学院講義録31:15頁

 《決定的になった『日本書紀』は天智天皇の政略書

 「決定的になった『日本書紀』は天智天皇の政略書

 この発見と真実確認の真価は、

 「8世紀まで続いた天皇制は女帝制だった」という

 定義が成立したことである。

 ところが『記・紀』の書く『皇国史観』は、

 5000年を超えるどころか、

 せいぜいが2000年の「神武紀元」でしかない。

 しかもそれは冒頭にスメルの神々を換骨脱胎した神代7神を載せ、

 伊弉諾尊・伊弉冉尊2神の論争を特記して、

 男帝制の優位を主張する。

 これは明らかに、斉明天皇を退位に追いやって皇位につき、

 男帝制を日本帝国の基本とした天智天皇の企図である。

 他に同じ必要に迫られた為政者がいるか?

 詳しく検討してみても、

 多数の主張者がいる藤原不比等説も誤解ばかり多く、

 全くの時代錯誤で了承できない。

 こうみてくると大化に滅びた倭国は、

 途中ギリシャやインドの血を交えたが、

 スメルから延々と続いた女帝皇室だったことが判るが、

 その歴史は皆、

 焚書の憂き目に遭ったことが、これで確認できる。

 『日本書紀』が大化改新の際、

 蘇我氏が焼いたと書く国史や帝記などは、

 間違いなくスメル以来の女帝倭国の歴史と系譜だったのである。

 そのため一方では天照大神として最高神の位置に据えられているのに、

 女帝としては何の記載も残らない卑弥呼の謎は、

 何が原因だったか?

 これで、はっきりしたし、

 『記・紀』とは何か?

 という論争にも決定的定義が成立した。

 我が国の建国史は、始めて正しい出発点に立つことが出来たのである。

 『参考』
 『言語復原史学会:Web』
 『言語復原史学会:画像』 
 『言語復原史学会:画像』

 『My ブログ』
 古代メソポタミア
 歴史徒然
 ウワイト(倭人):大学講義録
 ウワイト(倭人)大学院講義録 
 オリエント歴史回廊(遷都)
 古代史つれづれ 
 古代史の画像
 ネット歴史塾
 古代史ブログ講座
 ネット歴史塾
 ひねもす徒然なるままに    
 「終日歴史徒然雑記」
 「古代史キーワード検索」         

 『検索』
 GoogleWeb検索
 Google画像検索
 YahooWeb検索
 Yahoo画像検索
 翻訳と辞書
 リンクフリー〔UTF-8 対応版〕

 《参考》
 古代時代の考古学の最新発見・発表・研究成果
 最新の考古学的発掘の方法
 存在価値が問われる我が国の発掘考古学の現状
コメントを投稿