2012年8月9日木曜日

(ウバイド+スメル)がインダス文明を築いた証拠



 『特定非営利活動法人森を守る紙の会: NGO-SFP

 『出典』言語復原史学会加治木義博大学院講義録31:26頁

 《(ウバイド+スメル)がインダス文明を築いた証拠

 「(ウバイド+スメル)がインダス文明を築いた証拠

 そこで改めてスメル史をみてみると、

 スメルの人々はウバイドたちを滅ぼしたのではなく、

 支配下において組織し、

 次第に都市国家化を進めていった。

 そうして

 ニップル

 ラガシュ

 ウル

 ウルク

 キシュ

 エリドウ

 などの都市国家群が発達し、

 ウルクには都市の中央に

 高層建築・ジグラットが聳えるまでになったので、

 その時代をウルク期と呼ぶ。

 このジグラットが

 見落としてはならない標識と絶対的な力をもつ証拠になっているのだ。

 それがスメレの遺跡ニツプルのジグラットと、

 インダス文明の代表遺跡、

 モヘンジョ・ダロのジグラットとである。

 「写真:ニップル(日本)」

 「写真:モヘンジョ・ダロのジグラット」

 『参考』
 『言語復原史学会:Web』
 『言語復原史学会:画像』 
 『言語復原史学会:画像』

 『My ブログ』
 古代メソポタミア
 歴史徒然
 ウワイト(倭人):大学講義録
 ウワイト(倭人)大学院講義録 
 オリエント歴史回廊(遷都)
 古代史つれづれ 
 古代史の画像
 ネット歴史塾
 古代史ブログ講座
 ネット歴史塾
 ひねもす徒然なるままに    
 「終日歴史徒然雑記」
 「古代史キーワード検索」         

 『検索』
 GoogleWeb検索
 Google画像検索
 YahooWeb検索
 Yahoo画像検索
 翻訳と辞書
 リンクフリー〔UTF-8 対応版〕

 《参考》
 古代時代の考古学の最新発見・発表・研究成果
 最新の考古学的発掘の方法
 存在価値が問われる我が国の発掘考古学の現状
コメントを投稿