2012年8月29日水曜日

イサナキも都市国家時代の名乗りから



 『特定非営利活動法人森を守る紙の会: NGO-SFP

 『出典』言語復原史学会加治木義博大学院講義録32:11頁

 《イサナキも都市国家時代の名乗りから

 「イサナキも都市国家時代の名乗りから

 本講では先の「倭の五王」関連の部分で、

 伊弉諾の尊の語源が、イシス神だとお話しした。

 しかし、そのイシス神の発生までは見なかった。

 イシス神は、

 ギリシャ人王朝だった

 アレクサンドリヤのエジプト王家の尊崇を集めたが、

 もともとは、

 はるか古代のウバイド期に誕生した神で、

 それが後にエジプトへ移ったものだったのだ。

 だからイザナギ・イザナミの究極のルーツは、

 やはりウバイド・スメル帝国にあったのである。

 それはスメルの中央部、

 ユーフラテス河の支流に囲まれた所にあったイシンが語源である。

 イシンは日本語でイシノ、イサナ。

 石野、伊佐、伊声耆、砂子(いさご)、伊勢などの語源だ。

 スサから素戔嗚の尊が生まれたのと同じく、

 イシンから伊耶那岐・伊耶那美の命が生まれたのである。

 それはウバイド=倭人帝国が、

 多くの都市国家を持つようになった時、

 必然的に生まれた王名であり、

 スメルの吾君(あぎ)=スメラギの一人で、

 それが死後、

 ジグラットの上に祭られた「神」でもあったのである。

 では『記・紀』が書く

 2神の話は、数千年前のものだったのか?。

 それはすでに理解している通り、

 倭の五王時代の

 履中天皇・伊邪木和気の命と皇后の史実に基づくものでもあった。

 らイサナキの名は個人名ではなく、

 伝世した名乗りだったと解る。

 見易く書こう。

 『参考』
 『言語復原史学会:Web』
 『言語復原史学会:画像』 
 『言語復原史学会:画像』

 『My ブログ』
 古代メソポタミア
 歴史徒然
 ウワイト(倭人):大学講義録
 ウワイト(倭人)大学院講義録 
 オリエント歴史回廊(遷都)
 古代史つれづれ 
 古代史の画像
 ネット歴史塾
 古代史ブログ講座
 ネット歴史塾
 ひねもす徒然なるままに    
 「終日歴史徒然雑記」
 「古代史キーワード検索」         

 『検索』
 GoogleWeb検索
 Google画像検索
 YahooWeb検索
 Yahoo画像検索
 翻訳と辞書
 リンクフリー〔UTF-8 対応版〕

 《参考》
 古代時代の考古学の最新発見・発表・研究成果
 最新の考古学的発掘の方法
 存在価値が問われる我が国の発掘考古学の現状
コメントを投稿